iPad 購入を迷っているあなたへ - 渡部薫

2010年05月08日 00:03

いよいよ明後日5月10日に予約の始まるiPadだが、購入しようか様子見しようか迷っている人も多いかと思う。そこで僕なりに1ヶ月の使用感を元にアドバイスできればと思う。

Appleからのリリース – iPad、5月28日に米国外の9カ国でも発売開始

iPadは買いかどうか。迷わず”買い”である。
10日の予約で月末に購入できる人は、あっという間に埋まるだろうから迷っている人もとにかく予約はすべきだろう。とにかくいずれ買うなら早いに越したことはない!そう断言する。


—————————————————————-
※注意
Apple賞賛記事、iPad購入に意図的に誘導している、製品レビューでないというコメントをいただいたのだが、これはレビューではなく使用感(感想)であり、主に買おうと思っているがどのモデルを買えばいいか迷っている人向けである。製品レビューを知りたい人はGoogleで検索するなり、後日価格コムなど専門サイトを参照してほしい。またAppleギークなので内容はどちからと言えばApple好き向けである。
—————————————————————-

iPadをiPhoneやiPod touchが大きくなっただけのもの、と思っている人は、iPadを使えばすぐそれが間違いだと気づくだろう。iPadはiPhone(touch)よりもノートPCやネットブックの市場を食うだろう。またノートPCやネットブックに興味のなかった人、とくに女性や
ケータイしか使ってこなかった学生やOLにケータイの延長線上で、新しい体験を提供できる端末になるだろう。

iPadに欠点がないわけではないが、ここではポジティブなポイントを書きたいと思う。

・iPhoneの弱点を補完できる
iPhoneをすでに使っている人にはiPadは最高の補完ツールである。iPadを使うようになればiPhoneのバッテリーは格段に延びる。家にいるとき、カフェなどちょっとした時間があるとき、あなたはiPhoneではなくiPadを好んで使うようになるからだ。
■よく使う場所(ベッド、テレビを見ながらソファで、電車や飛行機、船など比較的長い移動時間、待ち時間など)

・ブラウジングスピードが快適
どうやら人は本を読むスタイルから正面にある画面よりも本を読む角度に画面がある方が文字が読みやすいのかもしれない。これまでデスクトップPCやノートPCでのブラウジングと異なり、iPadでは本と同じ角度でブラウジングが可能で、さらに指で画面スクロールできるの
で快適だ。指のスクロールがこれほど快適だと感じるのは使ってみるまでわからないし、一旦慣れてしまうとPCでブラウジングする自分がえらく古い人間に思えてしまう。iPhoneは画面が小さいので比較的目の前でのブラウジングになるが、iPadは本との心地よい距離をブラウジングに持ち込んだようだ。

・iBookstore(電子書籍)
日本でiBookStoreがどの程度提供されるかわからないが、この新しい体験はある種の感動を提供してくれるだろう。けっして多くの時間を電子書籍に費やすわけではないかもしれないが、英語のできる人なら必ず虜になるだろう。英語がわからないまでも無料で提供されている無数の電子書籍をダウンロードしてページをめくる感覚を味わえば、印刷された本がいかにも重々しいか感じるだろう。僕は書籍の1Q84を購入したがその大きさが故に持ち運ぶことができなかった。(昔は持ち運んで電車で読んでいたのに!)
※アメリカのiBookstoreを利用するにはアメリカのiTunesアカウントが必要 絵本などを見れば、子どもと一緒に見たくなるだろう。印刷された本がなくなるとは思えないが、この新しい体験は本に対する考え方を変えるだろう。

・ゲーム
iPhone(touch)ではあまり迫力のなかったゲームや画面が狭く遊びにくかったゲーム(ボードゲームなど)iPadなら存分に楽しむことができる。DSやPSPにもこの画面サイズはなかったので、iPadサイズのゲームはこれまた新しい体験を提供してくれるに違いない。

・動画
iPadの売りでもある動画は、文句なしに最高の機能の一つだ。動画をリッピングできる技術を持っているギークやHDDに動画をたくさん持っている人、旅行や子どものビデオをたくさん撮っている人はiPadによって、撮ったけど見れないといった問題を解消してくれるに違い
ない。Mac(PC)をサーバとして動画をストリーミングで視聴することもできる。

 →映画の見方が変わる
  よく好きな音楽は何度も聴くが、映画はそう何度も見るものじゃない、と言われてきたが映画好きの人やアート好きな人、英語を勉強している人は映画の見方が変わるだろう。ビデオテープ時代の映画は好きな箇所まで早送りしてピンポイントでそのシーンを探すことは難しかった。DVDならチャプターを使ったり早送りしてそれなりに探せるようになったがziPadでは動画のスクロールバーによって好きなシーンを即座に探すことができる。これによって印象的なシーンや映像と音楽がすばらしくマッチしているシーン、映像の美しいシーン、セリフを覚えたいシーンなど何度も見たくなるのだ。ちなみに僕は「プラダを着た悪魔」が好きで、主人公のアン・ハサウェイがださいOLからシャネルやプラダを着こなすおしゃれなシーン(マドンナの音楽も最高)を何度も見てはニューヨークの7番街(ファッションアベニュー)に行きたいなぁと思うのだった。

・メールやTwitter
iPadを購入しようと想っている人は、すでにTwitterユーザだろう。メールやTwitterの一覧性が高く、また上下のスクロールスピードが快適なので、フォローしすぎてあっというまにTLが埋まってしまう人もiPhoneよりはるかに読みやすく快適になるだろう。Macを使ったことがない人は、そのフォントの美しさに慣れてしまいWindowsに戻ったとき、そのヘタクソな字を読まされてストレスが溜まるに違いない。

・文字入力は快適ではないが慣れればそれなりに使える
メールやTwitter程度であれば比較的快適に文字入力できる。ただし慣れるまでは少し苦痛かもしれないし、よく打ち間違えしてしまうので注意が必要である。ブログや長文を書く気にはあまりなれないが、メモを取るには十分だろう。これは個人差がありそうだし、慣れれば長文も苦にならなそうだ。

・かつてない美しい写真立て
写真は最高に美しい。フォトフレームとしても申し分なし。この魅力によってiPadは何台もほしくなるだろうし、おじいちゃん、おばあちゃん(両親)に贈りたくなるだろう。この機能だけでiPadを購入すると思っても不思議ではない。デモビデオにあるとおり、写真を開く
時のインターフェースが最高にクールだ。iPadを手に入れたら、写真をプリントアウトする機会は相当減るだろう。

・コミック(マンガ)
アメリカのApp Storeにはマーベルのコミックが無料で読めるものがある。カラー版で美しい。日本のマンガがiPadで提供されたらそれこそ過去の分を含め大人買いするのは間違いない。日本の出版社がなかなか電子化しないのは大きなビジネスチャンスを失っているとしか思えない。

・子どもといっしょに楽しめる初めてのコンピュータ
これまでもPCやiPhoneで子どもと楽しめたかもしれない。しかしiPadはその楽しみ方の種類が違う!まずお絵描きアプリが豊富にあり、3才以上の子どもであれば自在に使いこなすだろう。一緒にお絵描きも可能だ。色を塗るアプリもあれば、学習アプリも豊富だ。必ずしもデジタル教育が必要だとは思わないが、クレヨンや絵の具の次の道具として子どもと楽しむのもありだろう。英語学習や紙芝居アプリは感動すら覚える。

・仕事でもiPad
あなたのカバンには厚い書類が入っていないだろうか。もう紙の書類ってやめてほしいよね。あなたのカバンはこれからはスマートなiPadで事足りるだろう。プレゼン資料、エクセル、ワード資料をプリントアウトする必要はない。すべてデータで送ってもらえ。Google
Docsを使ってもいいし、クラウドビューワーアプリ(GoodReader)を使えばどんなファイルも閲覧できる。ぱらぱらとめくる感覚はなくなるがそんなものはたいしたことない。何百ページ、何千ページも持ち運べるのだ。クラウドサービスを駆使し、ネットにつながる環境であれば、仕事もはかどるだろう。

・アプリ
たくさんのすばらしいアプリが提供されている。アプリについては後日個別に紹介していきたいと思う。

・あなたのライフスタイルはこう変わるかも
移動中はiPhone、オフィスではPC、自宅ではiPad、特にソファとベッドには欠かせないものになるだろう。すべてのデータはクラウドで同期しておけばいつでもどこでもどんなときでも情報処理ができるし、だれかとつながっていられる。まさに世界が広がり、見えないつ
ながりがあなたの人生を豊かにしてくれるだろう。映画を見ているとき、本を読んでいるとき、テレビを見ているとき、旅行をしているとき、日常の生活でささいな何かを発見したとき世界のだれかがあなたと思いを共有できるのである。

さて、iPadの使用感を長々と書いてみたが、どのiPadを選ぶかも悩みどころだろう。僕は仕事ということもあり、WiFiバージョンは16、32、64GBすべてを使ってみた。その結果いくつかアドバイスできると思う。

■iPad 16GB
動画(映画)をiPadで見ない人、写真は1000枚程度、主にメールやTwitter、ブラウジング、ゲームやアプリをメインに使いたい人向けである。すなわちiPadにあまり重たいデータを置く必要のない使い方である。16GBは思ったよりすぐストレージがいっぱいになる。とにかく動画にしても写真にしても音楽にしてもMacに繋いで管理が必要になる。シンプルな使い方をしたい人以外はすぐに足りなくなる。

■iPad 32GB
動画(映画)を3~5本、写真を3000枚程度、ある程度クラウド側にデータがあるが手元にも資料などのデータを置いておく必要がある人向けである。

■iPad 64GB
とにかくたくさんデータを手元に置いておきたい人、インターネットに接続してデータを参照するより、つながらない場所でも営業ツールとして使いたい場合や動画、音楽、写真を楽しみたい人向けである。またお金に余裕があれば64GBをお勧めする。

iPadの魅力はその美しい画面にあるので音楽よりは写真と動画、コミックやプレゼンなどの資料の閲覧に向いている。

■次にWiFiか3Gか悩んでいる人にアドバイス。
WiFi版しか使ったことがないので、あくまで個人的な感想レベルであることをご了承いただきたい。

個人的にはWiFi版 + PocketWiFi(+バッテリー)が最強の組み合わせだと思っている。その理由として、iPadを使う場所は自宅かオフィスか比較的長時間同じ場所にいるところで使うのでWiFiがある可能性が高く、経験的
には70%くらいはWiFi環境下にあったと思う。残りの30%は移動中だったり、カフェだったり、訪問先のオフィスだったりする。その時はPocketWiFiにつなげばほとんど問題なかった。

日本の特にITビジネスパーソンであれば、データ通信カードを契約している人がほとんだろう。イーモバイルを使っている人は機種変更、ドコモを使っている人は微妙だが、これを機会にPocketWiFi的なものに機種変を検討する価値があるだろう。ソフトバンクにもイーモバイルのPocketWiFiが提供されているので新規で契約するかすでにデータカードを持っていれば機種変だ。PocketWiFiの欠点はバッテリーだけなので予備のバッテリーを用意すればよい。

iPad 3Gについて(★内容に訂正あり)
米国ではそれなりにニーズがあるようだが、それは日本ほどデータ通信カードが普及していないこともあるだろう。日本モバイル通信はとても恵まれているのだ。日本でのiPad 3Gはドコモかソフトバンクのいずれかか、その両方から出るのかもしれないが、料金体系は気になるところだ。AT&Tの例を見れば、無制限プランが30ドル(約3000円)、250MBまで15ドル(約1500円)なのだが、250MBなんてあっという間だろう。YouTube見たらアウト!となると3000円/月の契約が必要なるし、日本も同じくらいの料金体系になるのではないかと想像する。3000円払える経済力があれば3Gもいいだろうが、2年使ったら72000円にもなり、もう1台iPadが買えてしまう。どうせデータ通信カードを持っているなら5台まで使えるPocketWiFiがお得なのは目に見えている。

ということでiPad WiFiモデルを検討している人は早急にPocketWiFiの予約(契約)も急いだ方がいいかもしれない。こちらもあっという間に品切れになる可能性があるし、イーモバイル、ソフトバンクは3万円ほどの販売奨励金を出しているみたいなのでPockecWiFi2年契約すれば2万円程度でiPad WiFi 16GBが購入できるかもしれない。その発表を待つのも一つの手だろう。

iPad 3G と iPad WiFiの違いはGPS機能であるが、多くの人がiPhoneも持っているのではないかと想定すると、GPSが役立つのは移動中なのでiPadよりiPhoneで十分だろう。iPadの地図は見やすいが移動中に見るのは少々痛い。あと日本のクルマはほとんどカーナビが付いてい
るし、アメリカのようにカーナビ代わりに使う必要もないだろう。

ただアメリカに出張が多い人は、単月で契約できるAT&Tのデータ通信サービスは多いに役立つだろう。そういう人は3Gモデルを購入してた方がメリットが大きいかもしれない。

iPad 3G は毎月のお金に余裕があり、かつPocketWiFiにつなぐ手間を省きたい人以外にこれと言ったおすすめの理由は見当たらない。特に購入を迷っている人であればまずはWiFiモデルで十分だろう。

※コメントで指摘いただいたので訂正
iPad 3Gは購入後、回線契約するかどうかユーザが自由に決められるようになっている。AT&T方式だったら、必要な時に単月で契約できることからいざという時のためにiPad 3Gを持っておくメリットは多いにありそうだ。むしろPocketWiFiで2年縛りになる方がデメリットのユーザもいるだろう。お詫びして訂正いたします。

■iPad Wi-Fiモデル (参考価格)
16GB
* $499.00

32GB
* $599.00

64GB
* $699.00

■iPad 3Gモデル
16GB
* $629.00

32GB
* $729.00

64GB
* $829.00

さて、iPadを購入しようと思っている人、迷っている人、少しは参考になっただろうか。とにかく第一世代は不良品が多いとか次のiPadはカメラが付くかもとかいろんな噂があるが、使って思うのは不安に思うことは実はすべてiPhoneでカバーしていた、ということだ。iPadで通話はしないし、写真も撮らないだろう。すなわちAppleはみごとなまでに、人のライフスタイルの隙間にiPadを配置したのである。朝起きてiPad、出かけて移動中はiPhone、道に迷ったらiPhone、オフィスでPC(Mac)、カフェでiPad / iPhone、家に帰ってiPad、電話が
かかってきたらiPhone、写真や動画撮りたいときはiPhone、テレビ見ながらiPad / iPhone、寝る前にiPad。そんな感じだ。

うれしいことにiPhoneでダウンロードした有料アプリはiPadでは無料で追加できる(最大5台まで)。その逆もOKだ。AppleとしてはiPhoneとiPadで完璧っていう感じだろう。iPhoneでライフスタイルが変わったと思っている人は、そのライフスタイルを完璧にするために
iPadを購入することを強くおすすめするのである。

iPad予約開始は5月10日、通知を受けたい方はこちら

起業家 – 渡部薫
Twitter ” sorahikaru

ついでに下記のアンケートに協力してください。回答はすぐに反映されます。

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑