液状化する中東

2011年01月31日 09:10

中東の液状化が止まらない。

昨日のBBC Newsが伝える所では、チュニジアのイスラム指導者、Rachid Ghannouchi氏69才が亡命先ロンドンより帰国し、若者を中心とする支持者に熱狂的な出迎えを受けたらしい。

1979年のイランでのイスラム革命で、帰国したホメイニ氏を迎える熱狂的な民衆と何処か似ている。チュニジアは此のまま、イラン同様イスラム革命の道を辿るのであろうか。

エジプトも事態が収まる兆しは今の所皆無だ。唯、アメリカ、イギリス、フランスそしてドイツの4ヶ国が、民衆に対する発砲を強く戒めている。中国、天安門事件の再来は断固阻止するとの決意表明である。

従って、ムバラク大統領の退任は既定路線であり、問題は、権力を、誰が、何時、どの様にして、継承するかに絞られて来ている。

アメリカ、ヨーロッパ列強は、当然の事ながら、彼らと価値観を共にし、コントロールが容易な政権を支持し、支援するに違いない。

しかし、此れは結果、腐敗と汚職の蔓延する、アフガニスタンのカルザイ政権の二の舞に成るのではと危惧する。

一方、放置すれば、イランをモデルとしたイスラム革命の可能性も、否定出来ない。

人口8千万弱と言う、中東の大国エジプトのイスラム革命は中東の地図を塗り替えてしまう大事件であり、流石にアメリカも座視は出来無い所では無いか。

頭の痛い所と思う。

イエメンは少しチュニジア、エジプトとは状況が異なると観ている。サレハ大統領の長期政権に対し、民衆の不満が無い訳では無いだろうが、動乱の基本はアルボウシ部族のアルカイダと連携しての中央政府からの分離独立運動である。

従って、中央政府の要請の下、アメリカ空軍なり、サウジアラビア空軍に拠るサルボウシ部族への局地的空爆で問題は解決する筈である

イラクとアフガニスタンで、身動き取れないアメリカは、此れ以上の中東での反米機運の高まりを恐れ、地方部族の分離独立運動の自国への伝播を恐れるサウジアラビアに空爆を依頼するのでは無いだろうか。

仮に、サウジアラビアが空爆を決行すれば、同じイスラムの同胞への空爆と言う事で、一部国民の反感を買い、反政府運動が活発に成る筈である、

結果、王国の維持、保全の為、アメリカ、イギリスへの依存を強めざるを得ず、此れは、サウジアラビアのエジプト化そのものでは無いか。

サウジアラビアの不安定化がUAE,バーレーン、カタール等湾岸諸国にに与える影響は甚大である。

どうも、中東は液状化の季節を迎えた様である。

下記は、昨日のチュニジア関連BBC Newsをである。一読する事お勧めする。

BBC News Jan30
「Tunisian Islamist leader Rachid Ghannouchi returns home
The airport welcome was the biggest showing by Tunisia’s Islamists for decades

The leader of Tunisia’s main Islamist movement has returned home after 22 years in exile following the ousting of President Ben Ali earlier this month.

Thousands of people went to the airport to welcome Rachid Ghannouchi, 69, as he arrived in Tunis from London.

He told AFP he would not run in the next presidential poll but his party would contest a parliamentary election.

Observers say his return is the most potent symbol yet of the change that has swept the country since then.

Mr Ghannouchi fled Tunisia after a crackdown President Ben Ali against his banned Ennahda movement.

He returned after the interim government’s announced that media curbs would be lifted, banned political parties allowed to register and political prisoners given amnesty.

Ghannouchi: ‘No ambition to run for office’ Alongside his supporters, the Reuters news agency said, was a small group of secularists with banners reading: “No Islamism, no theocracy, no Sharia and no stupidity!”

“I myself will not run for the presidency… We (Ennahda) have no intention of fielding a candidate in the upcoming presidential election,” he said.

Life sentence

Up to 10,000 young men and veiled women packed the arrival hall and car park at the airport, and some climbed trees and electricity pylons to catch a glimpse of Mr Ghannouchi, according to Reuters.

Before leaving London, Rachid Ghannouchi said his Ennahda movement intended to work for the popular uprising that toppled Mr Ben Ali.

However observers believe Ennahda did not play a leading role in the revolt.

Officially, Mr Ghannouchi is still subject to a life sentence imposed in his absence for allegedly plotting against the state.

But AFP news agency says that other convicted exiles have been able to return to Tunisia in recent days without hindrance.

In 1989 Ennahda came second to the ruling party in elections, officially winning about 17% of the ballot. However allegations of fraud marred the vote and according to some estimates Ennahda’s tally was as much as double the official figure.」

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑