★アゴラオリジナル第5弾 「日本映画、飛躍と困惑の過去・現在・未来」 本日発売★

2011年09月01日 18:53

「日本映画、飛躍と困惑の過去・現在・未来」が本日アゴラブックスから発売されました。本書は映画業界をフィールドに取材・執筆活動を行なっている映画ジャーナリスト/アナリスト斉藤守彦による、いわば「日本の映画ビジネス20年記」です。

バブル経済が崩壊した1991年を起点とし、出口の見えない経済不況に陥った世間とは逆に、映画産業は宿願であったマーケット拡大を実現。スクリーン数、年間興行収入共に増加の一途をたどることになる。 その「飛躍」ぶりとは裏腹に、旧態依然とした体質や、急激な市場拡大に戸惑う様子なども描写。バブル時代、外国映画に制作出資した企業の、その後の顛末は? シネコンの隆盛とは対照的に、閉館が相次ぐミニシアターだが、なぜそのような事態を招くのか? あるいはダサい映画の代名詞だった日本映画が、いかにして外国映画を凌駕する存在となtって行ったのか?90年代初頭に書かれたコラムをたたき台に、巷で語られているオフィシャル・ヒストリーに加え、その時取材者として、あまたの現象を間近に見聞きした筆者ならではの視点から、知られざるエピソードやディテイルが描かれています。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑