子どもたちを蹂躙する橋下知事

2011年11月08日 10:35

橋下知事問題。大阪はどうなる。いわゆる「ハシズム」と橋下徹大阪府知事の危険性を唱えたブログが、改めてその本質についてナチスを引き合いにして書いています。こちらはリベラル21への広原盛明氏の投稿。そのハシズムは、子どもたちの感性を「踏みにじっている」としています。
池田香代子ブログ
みずから独裁への道の敷石となる者 大阪府教育基本条例案とわたし


原発事故。子どもたち。放射能を過度に危険視して外で遊ばせない親たちについて書いています。いわゆる危険チウの問題なんだが、親たちの気持ちも理解できる。いったい誰が悪いのか、と言えば自明なんだが、カルト的な新興宗教と一緒にされちゃたまりません。
非国民通信
放射能より深刻なもの

首都高値上げ。マスメディアの本質。大事なことは報道しませんね。広告主には絶対に逆らわない、というのがこの国のマスメディアなので、そういう観点から新聞やテレビを読んだり見ないと、大事な情報を得られない、ということです。
自動車評論家 国沢光宏のホームページ
メディアの意義

人口問題。日本はまだまし。国の枠から考えるとこうなります。西洋的な近代合理主義から誕生した近代国家、というのは、次第に機能を喪失しつつあります。民主主義的な国民国家という「夢」から醒めて次なる制度を早く考えたほうがいいですね。
クーリエ・ジャポンの現場から
国民が最初に絶滅する国は?

リーク。WikiLeaksなき後。このハッカーたちは、この間、エジプトで起きた争乱にも関係していたらしい。いわゆる「ジャスミン革命」とはなんだったのか、それは彼らの存在を考えればわかってきます。そのハッカーたちが今度はFacebookを攻撃するようです。アナーキーな連中がはびこる世界、というのはあまり健全じゃありません。
日々坦々
国際的ハッカー集団『アノニマス Anonymous 』は何処に向かうのか?

頭の良さ。三つの特徴とは。ピグマリオン効果、というものが問題になっています。頭がいい、という先入主で教育に差が出るのでは、ということです。優秀な児童の三つの特徴は、この記事を読んでみてください。
とある科学の最新情報
【心理】おでこの広さと頭の良さは無関係

税。車。愛知県の大村知事といえば、河村名古屋市長と一緒の減税日本の盛り上がりも今は昔、という感じです。どうして彼が知事なんかになれたんでしょう。不思議です。もちろん、自動車税は「贅沢税」という昔ながらの税制度で、カネ持ちしか車を持てない国はともかく、こんなのがある国は先進国ではないですね。
clicccar
トヨタのお膝元、愛知が6県従えて自動車2税撤廃要請!

ロシア。自由貿易圏。こっちでもブロック経済ができています。これは新自由主義における新たな攻勢、ということでしょう。懲りない人々がまたぞろあちこちで囲い込みを始めている、ということです。70年前の悲劇が繰り返されないことを祈るばかりだ。
碧空
ロシア・プーチン首相が進める「ユーラシア連合」は「ロシア帝国主義の野望」か?欧州・アジアの架け橋

映画。自由さとは。映画館ってどこでも好きな場所に座れるんだと思っていましたが、これを読むとどうもそうじゃないらしい。トイレの異臭が漂ってくるような小さな名画座、みたいな映画館は絶滅危惧種ということです。コレに限らず、自由とは常に勝ちとり続け、圧力を続けなければ失われてしまいます。
映画は時代を語る
自由に座れる映画館はなくなってしまうのか/同じようなキレイな空間における自由の不在

システム論。日本はどうなのか。パソコンを設計する場合の独立設計(モジュール型)と干渉設計(インテグレイテッド型)について書いるブログなんだが、なかなかおもしろい。独立型の発想は日本では生まれにくい、ということです。
鳥あえず鳥のブログ
干渉か独立か

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑