GEPRが更新されました

2012年04月10日 09:13

GEPRが更新されました。

アップデートされたコンテンツは、

・加藤 晃生氏(翻訳家・立教大学社会学部兼任講師・博士)による
なぜ科学は放射能パニックを説得できないのか — 被害者・加害者になった同胞を救うために社会学的調査が必要

・GEPR編集部による
原発事故風評被害、誰が責任を負うべきか — 東電に全額負担させる疑問

・竹内 純子さん(国際環境経済研究所主席研究員・フォレストック協会理事)による
架空の財布の紐は緩い~電気料金上昇の本当の影響を考える

・ GEPR編集部による
風評被害をどのように扱うべきか?

などです。

GEPR(グローバルエネルギー・ポリシーリサーチ)は、日本と世界のエネルギー政策を深く公平に研究し、社会に広く提言するために設立されたウェブ上の「仮想シンクタンク」です。アゴラ研究所が運営し、エネルギー問題についての研究、調査、インターネットでの情報提供、シンポジウムの開催、提言の作成、書籍の出版などを行っています。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑