アゴラ経済塾 池田信夫「今さら聞けない経済学」(パート2)

2012年06月13日 11:41

消費税をめぐる国会の論議は混迷を続けていますが、その最中に自民党は200兆円の国債を発行する法案を国会に提出しました。財政は大丈夫なのでしょうか? 原発の停止で5兆円近い国富が流出して日本は30年ぶりの貿易赤字になりました。「貿易立国」の終わった日本は、これからどこへ行くのでしょうか?

こうした疑問は日常生活に多いと思いますが、マスコミの伝える経済知識は間違いだらけです。他方、大学で教える経済学は抽象的で、こうした疑問に答えてくれません。そこでこのセミナーは理論から出発するのではなく、日常生活から出発して、みなさんの疑問を解く経済学を解説します。


高度な経済理論は普通の人には必要ありませんが、初歩的な経済学の知識はビジネスには必須です。たとえば「対等合併」や「多角経営」は失敗する、というのは企業理論の常識ですが、それを知らない経営者が失敗を繰り返しています。なぜそれがうまく行かないのか、という論理を知ることは重要です。

初歩的な経済学のロジックを身につけることは、ビジネスにとっても大事です。このセミナーでは、あまりにも初歩的で今さら聞けない経済学の考え方を解説し、日常生活にもビジネスにも役立つ経済学のトレーニングをします。

講師:池田信夫(株式会社アゴラ研究所 所長)

テーマ(予定)

  • 通貨危機:ユーロは大丈夫なのか?

  • 年金:あなたの払った年金保険料は返してもらえるのか?
  • 円高:日本経済が弱いのに円はなぜ強いのか?
  • 乗数効果:200兆円の公共事業で景気はよくなるのか?
  • バブル:なぜ崩壊するまで気づかないのか?
  • 企業統治:なぜ多角経営は失敗するのか?
  • 雇用慣行:日本は「終身雇用」なのか?
  • 囚人のジレンマ:人々はなぜ戦争するのか?

・・・など、みなさんからの疑問に答えてテーマを毎週、設定します。教科書はありませんが、毎週メールマガジンで基礎知識を解説します。

開催日:2012年7月3日から毎週火曜日・全12回
 7月3日・10日・17日・24日・31日
 8月7日・(14日は夏休み)・21日・28日
 9月4日・11日・18日・25日
時間:18:30~20:30
場所T’s渋谷フラッグ(渋谷駅より徒歩5分)
定員:20名(先着順で締め切ります)

受講料(PayPalも利用できます)
 12回:6万円
 パート1からの継続受講者:5万円
 学生:3万円
 *アゴラ読書塾と共通のチケットです。
 24回:10万円(アゴラ読書塾と共通)・学生5万円
 地方の方は5人まで、スカイプビデオによる参加も可能です(学生料金)。

お申し込み方法
専用フォームに必要事項をご記入いただき、フォーム記載の弊社口座へのご入金をもって手続き完了です。受付は6月30日(金)まで承ります。

主催:株式会社アゴラ研究所

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑