GEPRが更新されました

2012年07月10日 07:01

GEPRが更新されました。
アップデートされたコンテンツは、

  • 北村 俊郎氏(元原子力産業協会参事 元日本原子力発電理事)「原発を推進した私が福島で被災者として感じたこと ─ 災害の本質、真の原因を考え続ける必要がある」

  • 池田 信夫(アゴラ研究所所長)「福島の原発事故は『メイド・イン・ジャパン』か」
  • ダニエル・ヤーギン氏「近著『探求』のビル・ゲイツの書評に答える」
  • 澤 昭裕氏(NPO国際環境経済研究所所長)「エネルギー政策の「国民的議論」に向けて」
  • GEPR編集部「エネルギーの合意形成をどのように行うべきか?」
  • などです。


    GEPR(グローバルエネルギー・ポリシーリサーチ)は、日本と世界のエネルギー政策を深く公平に研究し、社会に広く提言するために設立されたウェブ上の「仮想シンクタンク」です。アゴラ研究所が運営し、エネルギー問題についての研究、調査、インターネットでの情報提供、シンポジウムの開催、提言の作成、書籍の出版などを行っています。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑