GEPRが更新されました

2012年07月30日 22:59

GEPRが更新されました。
アップデートされたコンテンツは、

  • ウェード・アリソン氏(オックスフォード大学物理学名誉教授、同キーブル・カレッジ名誉交友)「福島の事故と国会事故調査委員会の報告書から」

  • 竹内 純子氏(国際環境経済研究所主席研究員)「ドイツの電力事情 ― 理想像か虚像か 2 ― 料金の推移」
  • 池田 信夫(アゴラ研究所所長)「原発事故で600人以上の死者をもたらしたのは放射能ではない」
  • 電力中央研究所「我が国の原子力停止の状況における火力燃料費の増加とその変動リスク」
  • GEPR編集部「厳しすぎる被ばく基準の見直しを」
  • などです。


    GEPR(グローバルエネルギー・ポリシーリサーチ)は、日本と世界のエネルギー政策を深く公平に研究し、社会に広く提言するために設立されたウェブ上の「仮想シンクタンク」です。アゴラ研究所が運営し、エネルギー問題についての研究、調査、インターネットでの情報提供、シンポジウムの開催、提言の作成、書籍の出版などを行っています。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑