アゴラ経済塾 池田信夫「今さら聞けない経済学」(パート3)

2012年09月10日 13:43

民主党政権は秒読みになりましたが、彼らが政権にいた3年間に日本経済は一段と悪化しました。震災の危機管理の失敗、復興対策の遅れ、原発の停止による日本経済への打撃・・・こうした政治の迷走やそれに拍車をかけるマスコミを見ていると、基本的な経済学の知識がすべての国民に必要だと痛感します。

他方、エルピーダやシャープを初め、日本の製造業は危機的な状況です。この背景には、かつて世界から賞賛された「日本的経営」が限界に来ているという現実がありますが、こうした問題に大学で教える経済学は答えてくれません。それは英米の経済を抽象化した理論なので、日本に固有の問題は例外でしかないからです。


このセミナーは理論ではなく日本経済の現実から出発して、みなさんの疑問を解きます。高度な経済理論は普通の人には必要ありませんが、初歩的な経済学のロジックを身につけることはビジネスにとっても大事です。このセミナーでは、みなさんからの質問を生かし、あまりにも初歩的で今さら聞けない経済学の考え方を解説し、役に立つ経済学のトレーニングをします。

講師:池田信夫(株式会社アゴラ研究所 所長)

テーマ(予定)

  • 終身雇用:日本のサラリーマンは本当に「終身雇用」なのか?

  • 企業買収:日本ではなぜM&Aが少ないのか?
  • リスク管理:なぜ「ゼロリスク」を求めてはいけないのか?
  • モジュール化:なぜ日本の製造業は没落したのか?
  • 社会的コスト:なぜ石炭火力のコストは原子力より高いのか?
  • 不良債権:なぜ欧米の過剰債務は減らないのか?

・・・など、みなさんからの疑問に答えてテーマを毎週、設定します。教科書はありませんが、毎週メールマガジン(無料で購読)で基礎知識を解説します。

開催日:2012年10月1日から毎週月曜日・全12回
 10月1日・15日・22日・29日
 11月5日・12日・19日・26日
 12月3日・10日・17日・25日(火)
時間:18:30~20:30
場所RainbowApps代々木校
 東京都渋谷区代々木1-38-7 川本ビル3階(山手線代々木駅より1分)
定員:30名(先着順で締め切ります)

受講料(PayPalも利用できます)
 12回:6万円
 *パート2からの継続受講者:5万円
 *アゴラ読書塾と共通のチケット(欠席したときは読書塾に使えます)
 学生:3万円
 24回:10万円(アゴラ読書塾と共通)・学生5万円
 *地方の方はスカイプビデオによる参加も可能です(学生料金)。

お申し込み方法
専用フォームに必要事項をご記入いただき、フォーム記載の弊社口座へのご入金をもって手続き完了です。受付は9月28日まで承ります。

主催:株式会社アゴラ研究所

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑