ブラック企業のすすめ - 就活生に向けて

2013年02月14日 08:30

ブラック企業のすすめ

の続きです。

ウソのない正直なところを書かせて頂きましたが、反感を持った人も多かったと思います。こんな文章に影響を受ける人はいないとは思いますが、「就活生に悪影響があってはいけない」と思い少しだけ追加です。


■若者は搾取される?

残念ながら、若者は国家的には搾取される立場にあります。
これは年金制度や財政赤字をどうにかしない限り解決できない問題で、若者であるあなた達が、まずは選挙へ行くしかない。

企業レベルで考えれば、若者が必ずしも「搾取される」とは言い難い。
当たり前ですが、企業は「あなたの時間が欲しい」のではありません。あなたの時間に価値があるのは、あなただけです。
企業が欲しいのはあなたが働いた「成果」だけです。

しかし、成果は人によってばらつきがあり、2:8の法則(パレートの法則)は、かなりの確率で成り立ちます。

ところが、若いうちは大手企業ほど報酬は成果に関係なく差が付きません。
つまり、8割の人は、実はできる誰かから搾取しているのです。ウソだと思ったら、「完全歩合制になったら嬉しい」と思えるか考えてみたらいい。「完全歩合制なんて嫌だ!」と思う人は、「自分は8割側の搾取する側」と内心では気づいているということです。

ちなみに、ブラック企業と揶揄される企業ほど実力主義に近く、若い頃から報酬の差が付きやすい傾向にありますから、ブラック企業ほど、実は、搾取されることも、搾取することも少ないのですけれどね……。

■搾取されるという人ほど8割の方

「ブラック企業に搾取される!」という若者を見ていると、不思議なことに、そのほとんどは 2:8の法則(パレートの法則)の 8割側にいます。

8割側の人が「搾取される」というのは、実際には「愚痴」です。
仮に、2割の側にいる人が、「搾取されていて困る」と言った場合、愚痴ではなく「提案」として受け入れられるので解決に至ることもあります。しかし、8割側の人が「搾取される」と抗議しても、簡単には受け入れられることはありません。
実際には、搾取している側ですから……。

社会人になってまで「会社に搾取されている」なんて言ってる人は、もう治らないと思いますけど、問題は就活生です。

入社して数年は、「搾取されている」のではなく、「創業者から今に至る先輩諸氏が、営々と築いてきた利益を搾取する」ということを理解していれば、「搾取される」心配など全く必要ないでしょう。何様でもない新人は、「搾取される」ものなど何も持ってないということに早く気づくべきです。

しかし、耳年増になった就活生は、「搾取されるに違いない」「搾取されたら嫌だな」「ブラックは嫌だな」と思っている。そして、「そう思っている」というのが面接でかなり出てしまいます(苦笑)

弊社のような会社なら、どうせ厳しく接するだけ(苦笑)ですから、面接でそういう雰囲気が出てても採用しますけど、いくらでも選べる大企業では「搾取されたら……」と考えているように見える、つまり、8割側に入る雰囲気が出たら、内定を得ることは難しいでしょう。

もちろん、面接対策を十分に行った人はバレない可能性もありますけれど、それは本末転倒も甚だしい。入社はスタートであってゴールではありませんから、面接対策をするよりも本質的な考え方を変えた方が、あなたの人生を豊かにしてくれると、私は思います。

■繰り返しますが心がけの問題

2割側に入るタイプの人は、ブラック企業でもやっていけるのですけれど、大企業から順に良い就活生は売れていきますから不思議でも何でもないのですが、2割側に入るタイプの人から大企業に入ります。結果として、残念なことに「ブラックは嫌だな」と思っている人ほど、ブラックなところに行く可能性が高くなります。

実に残念なミスマッチです。

そんな「ブラックは嫌だな」と思っている人がブラック企業に入ると、変に身構えているために何でもないことにまで問題を感じてしまい、「ブラックだ!」って騒いでしまう人も少なくないのです。

最近では、私のようなオッサンが女子中高生に道を尋ねたりすると「警察に通報される」なんて怖い世の中になったようですが(スマホがあって良かった!)、同じような事態が少なからず起こっているわけです。

まあ、「騒げる人」は、恐らく騒ぐことで発散しているから問題ないのですけれど……。問題は、そう思っているけれど騒げずに「ブラック企業に搾取されている」というストレスを過大に溜め込んでしまう人です。
そういう人は本当に危険で、最悪、自殺などの大事に至ることがあり得ます。

前述の通り、「企業に搾取されて堪るか!」と思っている人は、実際には、8割側の企業を搾取しているタイプの人の方が多く、企業はそういう人には冷たいです。心の内は他人には分かりませんが、企業は8割側の人を(本気で)観てないので、余計に自分で判断する必要があります。
溜め込むタイプは本当に危険なので、自分の考え方をチェックして早く辞めた方がお互いのためです。

前回も書きましたが、チェックするのは「やらされている」と思っているかどうかだけです。

本当のことは、敢えて言えば身も蓋もない。
その身も蓋もない本当のことから目をそらさず、あなたが自分で考えた答えが、あなたにとって最良の答えです。

上っ面のきれい事から考えた答えは、現実とは乖離した答えになっていますよ。

……余計なお世話でした。

株式会社ジーワンシステム
生島 勘富
mail:info@g1sys.co.jp
Twitter:@kantomi

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
生島 勘富
株式会社ジーワンシステム

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑