ミレニアル世代は自分大好きって本当? --- 安田 佐和子

2013年07月16日 11:56

近所のタイ料理レストラン「Tuk Tuk」でディナー中、テキストが届きました。何事かと思ったら、目の前に座っている家人からで「フェイスブックでデートしてるんだろうか、それともキャンディ・クラッシュでもやってんのかね」ですって。


日本でもガールズちゃんねるで「目の前の人よりスマホ優先?」なんて記事がありましたから、ニューヨークだけの現象ではないのでしょう。そんなこと言ったら写真を撮影したりテキストに気づいたり、私と家人の日常生活でもスマホの地位は高いといえますけどね。

スマホといえば、フェイスブックなどでお馴染みの自分撮り!英語ではセルフィー(selfee)を投稿したり、ソーシャルネットワーク上で自分の居場所を頻繁に更新したり、自己アピールのツールと化しておりますね。タイム誌では「The Me Me Me Generation」と題し、「怠け者でナルシストで、まだ親と実家暮らし。そんなミレニアル世代がわれらを救う理由」という記事を配信していました。

アメリカでは18歳~37歳を指し、ジェネレーションYとも。
0001

怠け者とかナルシストだとか、サブタイトルからして言われたい放題です。裏づけとしてタイム誌はアメリカ国立衛生研究所(NIH)のデータを取り上げ、「20代の自分大好き度は、65歳以上の世代の3倍に及ぶ。2009年時点で大学生のナルシスト度は1982年当時を58%も上回った」と指摘してました。

この統計に真っ向から噛み付いたのがザ・アトランティック。同じNIHが2010年に発表したレポートを元に「1980年代以降に生まれた世代がナルシストなのではなく、若い世代は総じてナルシストである。年齢を重ねるに従い、ナルシスト度合いが後退していくのだ」と否定したんです。

時代ごとの雑誌カバーでも実証。70年代ですでに「Me」の文字!
0002

いつの時代でも、「最近の若い子は……」という方々はもちろん大人世代。彼らが10代や20代でソーシャルネットワークが利用できれば、同じようなことをしていたのかもしれません。逆に言えば、歳を重ねるごとに大人は批判的になってしまいがち。ジェネレーション・ギャップとは、「若さゆえの自己チューVS中高年齢層の手厳しい態度」に起因しているのではないでしょうか。

バロンズ誌によるとミレニアル世代は全米では8600万人に達し、ベビーブーマー世代(48~67歳)を7%上回ります。人口が多いだけに消費支出は1.3兆ドルと全体の21%に達してるんですよね。タイム誌は「実家暮らし」と嘲笑すると同時に、楽観的でモノは試しの実務的なタイプが多く、人に受けいられたい願望が強いとも指摘していました。将来的には消費だけでなく、経済の担い手として大いに期待できそうです。

バロンズ誌から。日本の場合、18~37歳は2981.6万人に対し、48~67歳は3422.9万人。
0003


編集部より:この記事は安田佐和子氏のブログ「MY BIG APPLE – NEW YORK -」2013年7月15日の記事より転載させていただきました。快く転載を許可してくださった安田氏に感謝いたします。オリジナル原稿を読みたい方は
MY BIG APPLE – NEW YORK –をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑