「タミヤTシャツ上げ上げ伝説」誕生

2013年07月18日 10:35

最近よく田宮模型の二つ星マークがついたTシャツを見かけるようになりました。夏だから、じゃありません。ジオラマ好き、四駆好きだけじゃない。模型には縁のなさそうな女性も愛用してたりする。昨日、発表された芥川賞と直木賞でも受賞者が着ていて会見で記者に質問されていました。


どうして「タミヤTシャツ」が人気なのかと言えば、金爆ことゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんが愛用してるかららしい。「キリショー☆ブログ」でわかると思うんだが、これ2010年8月のエントリーですわ。『女々しくて』がブレイクする前で、すでにタミヤTシャツが話題になってたんですね。

この二つ星、赤のほうは「情熱」を意味し、青のほうは「精密」を意味するんだそうです。田宮模型創業者の息子さんが東京芸大デザイン科の学生時代にデザインしたらしい。模型好き男子にはおなじみですな。それにしても田宮模型にしてみれば、金爆と相乗効果でこれはかなりの宣伝になったでしょう。金爆もブレイクしたし、直木賞も取ったし「タミヤTシャツ上げ上げ伝説」が誕生しそうです。

Useful for people/人の役に立つ
芥川賞に藤野可織さん 直木賞は桜木紫乃さん


日焼け中毒!? 肺がんになってもタバコをやめられないように、皮膚がん患者の7人に1人は日焼けサロンに通い続けていた!
IRORIO
太陽光線は突然変異を引き起こすなど、生物進化に重要な役割を果たしてきました。また、我々は視床下部で太陽光線を感知しているんだが、これがさえぎられたりしてサーカディアンリズムが狂うと時差ボケが起きたりもします。さらに、太陽光線に含まれるB型紫外線は、ビタミンDを生成させす。最近、美白が流行っていて太陽光線を極度に嫌う女性もいます。そのせいで骨粗鬆症やさまざま疾病にかかる女性もいるらしい。一方、米国では、日焼けサロンの人工的な紫外線が「日焼け中毒」を引き起こす、という内容の研究発表が増えています。日焼けに憧れる白人は多い。あっちではすでに社会問題化しつつある、ということです。これら研究はあくまで人工的な紫外線との関係を示唆していて、自然の太陽光線に含まれるUVとの関係はまだ不明です。

若者よ、死にたいか?
Afternoon Cafe
タイトルがちょっと曲解気味なんだが、何を言いたいのか、といえば自民党の石破茂幹事長のいわゆる「軍法会議」復活発言です。自衛隊というのは一種の志願制なんで、この発言の真意は、彼らが志願した動機に対して完全には信頼していない、ということになる。石破氏は味噌もクソも一緒に軍人にしちゃう徴兵制には否定的らしい。その上で、厳罰がないと有事の際に統率が効かなくなる恐れがある、と考えているわけです。罰則がなければ制御できない志願兵、というのもアイロニカルなんだが、ようするに防衛庁が防衛省になり、自衛隊を「国防軍」に変えようとしている日本では「軍隊の本質」に対する真剣な議論が必要になりつつある。戦闘になったら上官の命令で死ぬかもしれませんよ、その覚悟のある人だけ自衛隊に入りなさい、という話です。今の兵器は電子化され、省エネなので少人数の兵士でも運用できるとはいえ、死ぬ覚悟のある志願兵を必要充分な数だけ集められるかどうか、戦死者が出たらすぐに補充できるのかどうかはやってみなきゃわかりません。

世界で最も人気の高い新聞サイト「Mail Online」、勢いが止まらない
media pub
このサイト、日本でも人気が高いかどうかは不明ながら、けっこう世界中で記事が引用されてます。日本語訳にされてるものも多い。斬り込む視点がいいんでしょうね。訪問者数で英語圏ではNYタイムズを抜いちゃったらしい。本体のデイリー・メールはタブロイド新聞だからいわゆるイエロー・ジャーナリズムの一種です。ネット時代にはイエローなほどPVが増える傾向がある。羊頭狗肉のタイトルとか曖昧な表現とか真偽不明のオカルト科学とか。このサイトの人気の背景には、こうした側面がありそう。しかし、編集スタッフが100人もいて広告売上高が年間で67億円もある。まだまだこっちも増えそうです。

genetically modified egg by dominic wilcox
designboom
コロンブスの卵じゃないんだが、卵ってのはコロコロとよく転がります。目玉焼きを作ろうとしていて、うっかりキッチンテーブルの上から転がり落ちる、ということも起きがち。この記事では、底が四角く平らな卵を遺伝子操作で作ったらどうなるか、という英国のデザイナーの作品を紹介しています。実際にこんな卵が生まれているわけじゃありません。しかし、ニワトリがこれ産むの大変そうだな。


アゴラ編集部:石田 雅彦


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑