TPPはなぜ選挙の争点にならないのか

2013年07月18日 13:30

参院選が終わるとTPP(環太平洋連携協定)の拡大交渉が始まります。TPPに関しては賛成・反対ともに情報があまりにも少なく、選挙の争点にもなってないんだが、多国間の交渉ごとなので自分の手の内を明らかにする不利もあるので痛し痒しといったところです。農業はもちろん、知財や医療、保険などにも大きな影響が出るとか、中国がTPPに参加するのでは、とか事前の情報はウワサの域を出ていません。日本としては交渉して初めてわかる内容も多く、その前からいろいろと論評を出したりしたくないんでしょう。


一方、マスメディアは交渉内容を鵜の目鷹の目で狙っています。国内の世論がこうした報道によって変わってしまうこともよくある。政府としては、マスメディアもコントロールしつつ、多国間の交渉を有利に進めていきたいところ。同時に、各界の利害が錯綜するTPPを取り上げれば選挙対策も混乱する。この事情は与野党ともに同じです。マスメディア側にしても交渉が始まるまでは軽々に動けない。TPPが参院選の争点になっていないのは、政府与党も野党もマスメディアも意図的にそうしている気配がします。

遊爺雑記帳
TPP参加が選挙の争点になっていない


サッカーでスタジアムに誰もいないのに声援を響かせてチームを勝利に導くアプリ「The 12th Man」の威力とは?
GIGAZINE
ホームとアウェイの違いはいろいろあるんだが、サポーターの数、というは大きいでしょう。ホームのチームが得てして勝つのは、そうした観客の後押しがあるから、というのは、競技はそれだけメンタルに左右される、ということ。しかし、熱狂したサポーターが暴走し、乱闘騒ぎを起こしたりすることも問題です。そんなときは観客を入れないで試合をしたりするらしい。これは、観客がいない競技場で試合するのも虚しい、ということでこんなアプリが出てきた、という記事です。これはこれで競技をしてる側は虚しさを感じるんじゃないかと思います。

【神降臨】「11年ぶりに実現」ポール・マッカトニーの来日公演が決定、プレミア確実
DDN JAPAN
今の若い世代にはピンと来ないかもしれないんだが、彼の来日、というのは朝日が号外を出すくらいのもんなんです。あんまり乱発するなよ、とは思うんだが。ゴムでできた人形みたいになって不死身な感じもするから、これが最期の来日公演とばかりも言えません。しかし、御年71歳。依然としてパワフルなステージを演ってるらしい。行きたいなあ、でもチケット難しそうだなあ。ぴあが先行予約してます。

顔面ロックし誘惑に耐える「禁煙ヘッドギア」、ネットで話題に
CNN.co.jp
食事するときくらい外してやれよ、と思うんだが、カミさんと娘の目を盗んでまで吸っちゃうんでしょう。右手が包帯でグルグル巻きにされています。これはタバコを持てなくするためらしい。しかし、こんな姿で外出したら大変な騒ぎになりそうです。タバコってそんなに美味いですかね。

次世代 Googleマップのプレビュー版、招待メール不要で即アクセス可能に
engadget 日本版
けっこう使い勝手が良くなってますね、新しいGoogleマップ。ただ日本の場合、レストランなどのレコメンド情報が不十分です。ぐるなびあたりと提携すればいいのに、とも思う。写真をクリックすると3Dになったり画角が変わったり、なかなか楽しいです。


アゴラ編集部:石田 雅彦


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑