投資の哲学者は神保町に住まう

2013年08月01日 09:00

我社は、創業来、神保町に事務所を構えている。なぜ神保町なのか。ちゃんと、理由がある。バリュー(割安)だからである。


神保町は、東京の中心、丸の内・大手町の北に隣接する地域である。丸の内・大手町は、皇居に面して大型の高層ビルが林立する綺麗なところだ。これはもう、世界に誇れる景観である。ところが、というか、故に、都内でも一番家賃の高いところである。

一方、神保町は、古本屋街で知られるが、大型ビルが少なくて、今でも低層の小さな建物が多数残る、まあ、いうなれば、全国のどこにでもありそうな商業地区である。しかし、東京の中心部にあることにかわりなく、地下鉄などの交通も至便なところである。しかも、というか、にもかかわらず、家賃は安い。安いというよりは、バリュー(割安)というべきであろう。なぜか。

東京を、大手町から北へ進んで神保町を通過し、東京の中心から離れれば離れるほど、家賃は低下していく。しかし、家賃は距離に比例して直線的に低下していくわけではない。大手町と神保町の間には大きな家賃の開きがあるが、神保町からずーっと北へ行っても家賃の低下幅は小さい。つまり、頂点の大手町と神保町の間には急な崖があって、崖下の神保町から先は、なだらかに下るのである。

利便性のほとんど変わらない大手町と神保町なのだが、家賃は断然に神保町が安い。神保町から少し北へ行っても、家賃はあまり下がらないのに、利便性は格段に落ちる。故に、価格と質との関係からいえば、神保町は質が高くて価格が安いので、バリュー(割安)なのに対して、神保町のさらに北は安いが、それなりに安いにすぎないので、バリュー(割安)ではないのだ。

投資の基本は、バリュー(価値)を捉えることだが、バリュー(価値)とはバリュー(割安)なのだ。当社は投資を事業にしている会社であるから、事務所の立地も、投資哲学にしたがって、バリュー(割安)でなければならないのだ。故に、我社は神保町にある。

森本紀行
HCアセットマネジメント株式会社 代表取締役社長
HC公式ウェブサイト:fromHC
twitter:nmorimoto_HC
facebook:森本紀行

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑