自公政権が復活し、公共工事バラ撒き行政も同時に息を吹き返しました。いわゆる「アベノミクス」とは、景気回復やデフレ克服という錦の御旗の元、ハコもの土木事業へ予算を配分させる隠れ蓑の役割がある。これらはかつて政治家や霞が関の役人が利権化してきたものです。各省庁が出した来年度の予算案でも「北海道新幹線」や「八ッ場ダム」など、これまで眠っていた100兆円を超えるとも言われる公共事業が、ムクムクとにわかに体を揺り動かし起き上がってきています。

ところで、JR東海が山梨県の実験線で開発している「リニア中央新幹線」は、2014年からの建設開始が決定されています。この8月29日に自公政権の太田昭宏国交相らが出席し、新型リニア車両で時速500km試験走行を2年ぶりに再開しました。また、9月3日には菅義偉官房長官も試乗し、米国へのリニアの売り込みに意欲をみせたそうです。

税金を投入せず、9兆円をゆうに超える建設費をJR東海が全額負担するとはいえ、新幹線でボロ儲けしているのは旧国鉄の莫大な債務を国民の借金に付け替えたおかげでしょう。ドル箱の新幹線も老朽化が進み、経年劣化による検査補修改修の負担がすぐにでも重くのしかかってくるはずです。

今回の試験走行再開は、どうも自公政権の復活と軌を一にするような動きです。少子化の日本に巨額の建設費をかけて東西間の大輸送が必要なのか、大いに疑問が残るところ。JR東海の大きな儲けを生み出している新幹線のバイパスとして「リニア新幹線」構想があるとすれば、将来、新幹線の運賃の大幅値上げも視野に入れていると疑われても仕方ありません。JR東海はリニア中央新幹線を2027年に開業させたいらしいんだが、ほとんどガラ空き状態の「第二東名」の二の舞にならないようにしてほしいものです。

マックンの気まま日記
JR東海のリニア新幹線、営業車両で500キロ試験走行する!




Mexican cartels hiring US soldiers as hit men
FAX NEWS
メキシコの犯罪集団の極悪ぶりは世界的にも有名です。麻薬ビジネスの経由地であり、米国内の矛盾がメキシコで澱のように貯まっているため、という見立てもあるんだが、越境して米国で犯罪を犯すこともあり、両国の頭痛のタネにもなっている。この記事では、メキシコの犯罪カルテルが退役した米国軍人を人材として採用している、と紹介。元軍人たちは専門の高度な軍事訓練を受け、戦術戦略を熟知しているので犯罪カルテル側にとって大金を払っても雇いたい人材です。ようするに、米国とメキシコの犯罪は、よりボーダレスになっている。国内の治安と引き替えに犯罪者をメキシコへ押しつけ続けてきた米国に、強烈なしっぺ返しがくる、というわけです。

女性はお金で愛を計る? 米大学による心理学実験の結果は……
IRORIO
両性生殖の目的から言えば、パートナーを選ぶときに何らかの基準が必要です。クジャクの雌はどうも雄の飾り羽根をみて選んでいるらしいし、ライオンの群れでは雄同士が戦ってメスを獲得します。ヒトの場合、どうなんでしょうか。この記事で紹介されている心理学的な研究によると、女性は当然の如く「経済力」で男性を選んでいるそうです。ほとんどの「愛」は金で買える、ということでしょう。

Amazon shifted strategy in pursuit of CIA contract
PHYS.ORG
これまでIBMに独占的に契約されてきた、米国のCIA(Central Intelligence Agency、米国中央情報局)を奪うためにAmazonが動き出した、という記事です。AWS(Amazon Web Services)がクラウドコンピューティングサービスを提供する旧札に競り勝ったらしい。これが話題になっているんだが、「ビッグブルー」と言われてきたIBMなど既存の巨大メーカーも「新興」のIT系企業にしてやられる時代になってきたようです。

世界史上で最も高額な写真ベスト10、一位は約4億2000万円高額である理由を聞くと成る程となるがそれでもやはり謎だ。
坂井直樹のデザインの深読み
どうも「写真」というと、スマホの高性能のカメラがついていて誰でも手軽に失敗のない撮影ができるようになってから軽んじられがちなんだが、絵に比べれば費やされた時間も違うので、その価値はいったいどう決まるのか、ちょっとよくわかりません。アナログ写真にしてもネガなりポジなりがあれば、ほぼ劣化なく無限にコピーが可能。刷り増しすれば版が痛んでしまうシルクスクリーンなどの版画と比べようもない。このブログで紹介されている冒頭の川の写真など、どうしてこんな値段で取引が成立するのか、買った人に聞いてみたいです。


アゴラ編集部:石田 雅彦




今日のリンク のほかの記事を読む