危うい朝日新聞のレゾンデートル

2013年09月26日 10:24

表題ブログで書かれているようなことは、確かにあるんだと思います。ただ疑問なのは、ナゼ朝日新聞が、それほどまでに「差別」をなくさないように頑張り、市民が普通の感覚になるのを、戻るのを嫌がるのか、ということ。朝日新聞が「煽り続けている主張」によって、本気で「差別」をなくすことにつながると考えていたらもう処置無しなんだが、おそらく日本に存在し続ける「差別」は、彼らのレゾンデートルと関係しているんでしょう。


大新聞というのは「主敵」がないと部数が伸びません。たとえば、読売新聞がコンサバで保守なら、朝日新聞はあくまでそれと逆の意見や意識を持つ読者を獲得し続けなければならない。現状、そうした読者層は漸減しつつある。そのため「矛盾」の拡大再生産に邁進しなくてはならない、ということです。「右傾化」の危険性を声高に主張するのも動機はそこにある。

日本のメディアオピニオン界の一方に「君臨」する「大朝日」は、かつて「一億総特攻」を煽ったように、依然として大きな影響力を持っています。彼らの動機が、部数獲得を目的とした単なる大衆迎合だとすれば、そのオピニオンも状況によって様変わりすることが予想される。たとえば、万が一にもありえないんだが、読売新聞が仮に「左傾化」すれば、朝日新聞はその存在理由を喪失してしまう。そのとき、彼らがどんな立場を取るのか興味深い「タラレバ」です。

フリーライター宮島理のプチ論壇 since1997
在日に対する「ふつうの感覚」を破壊し、在日を神話化した朝日新聞が、今日のヘイトスピーチを生み出した


ソフトバンク創業者・孫正義の4つの考えから学ぶ、ベンチャー企業のサバイブ術
u-note
名言集のまとめサイトです。ようするに「選択と集中」。目的が決まれば、ただそれに向かって突き進んでいくだけです。目的が決まらなかったり、間違った目的に向かっていったり、多くの問題はそのへんにある。成功者は最も効果的な目的を的確にとらえ、ブレない、ということなんでしょう。

スタートアップを始めるのに意外と重要ではない20の事柄と最も重要な2つの事【btrax】
in the loop
「起業」のことを今では「スタートアップ」といいます。自分で何か会社を立ち上げると、ここに書いてある重要でないことに忙殺されてしまいがち。本当に必要なのは、最後の二つです。

大阪発のソーシャル”カンパ”サービス「Kampa!」─手数料・個人情報無しで15円から利用可能
ガジェット速報
これは大阪らしいネットサービスです。しかし、少額でも大勢がカンパすると、ちょっと無視できない額になるもんですね。ちなみに「カンパ」とは、ロシア語「kampaniya(カンパニア)」の略。英語では「キャンペーン」になります。もともとは、活動資金を得るためのサヨクの言葉ですな。

『自然を名づける─なぜ生物分類では直感と科学が衝突するのか』 分類学の進化
HONZ
人間は「擬人化」や「自己投影」が大好きです。まず自分に引き付けて考えてがち。とりわけ外見的な印象は、ステレオタイプの枠からなかなか離れられません。生物の分類も同じで、一見して似たような外見だと別の種類の生物をついつい同一のカテゴリーに入れてしまう。名前をつける、というのにも落とし穴がある。動物行動学では、シャチなんかの背びれの形から個体に名前をつけたりするんだが、今ではそうしたことが「擬人化」につながり、客観的な観察ができない、と否定されています。第一位のオスを「アルファメール」とか二番目のメスを「ベータフィメール」とか言う。「シュレーディンガーの猫」みたいな話、いや違うか。


アゴラ編集部:石田 雅彦


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑