アゴラ、Yahoo個人、blogos、ハフポスト、などの読者の実体って何だろう?

2013年09月27日 21:20

他にもまともな言論サイトはあるのでしょうが、日本のネットでは僕は主に、上記タイトルで示した4サイトをほぼ毎日のように見ています。遠いイタリアにいて、日本語の論壇を自在に読めるというのは、今さらながらホントに嬉しく、凄いことだと感じます。


遅れて出たハフポストが面白くないという意見も百出しましたが、今はそれも収まって、結局どのサイトの場合も面白い記事は面白く、面白くない記事は面白くない、という当たり前の結論に至ったようです。

で、突然ですが、果たしてそれだけなのだろうか、というのがこのエントリーの主旨です。

私事で恐縮ですが、実は僕はここアゴラのほかにyahoo個人にも下手な記事を寄稿させていただいています。またblogosにも同じ記事が転載されたりもします。ぶっちゃけた話、大して面白い記事はまだ書けていません。これから頑張るつもりですが・・

それでも、ごく稀に突然変異の如く一つのサイトで一つの記事が、ちょっと大げさに言えば、爆発的に読まれるということが起こります。 例えば僕のこの前の記事は、ここアゴラとyahooではほとんど読まれなかったように見えるのに、blogosではかなり読まれてカテゴリ別ランクのトップに張り付いたりさえしていました。

同じ記事が、サイトによって読まれたり読まれなったりする・・この事実に僕は少し瞠目しています。というのも、4サイトはそれぞれ傾向や主張は違うものの、似たようなサイトの中では質は一様に高く執筆人も充実しているように見えます。ということは、4サイトの読者層もかなり似通ったものではないか、と想像するからです。

サイトの傾向によって好き嫌いがあり、同程度の知的興味や関心があっても、ある人はアゴラに、ある人はyahoo に、またある人は別のサイトを贔屓にしている、ということはあるでしょう。が、基本的にはどの論壇にも同程度の知的水準の読者が付いている、という風に見えます。少なくとも2ちゃんねるなどで遊んでいる読者層とは明らかに違う、とは言えるのではないでしょうか。

そんな中で、全く同じ記事が例えばアゴラでは良く読まれるのにyahooやblogosではほとんど読まれない、あるいはその逆が起こる、というのは丸っきりの偶然なのでしょうか?

もしかすると、そこにはネット独特の何かの法則がありはしないか、というのが僕の疑問です。

僕の記事はどのサイトでもあまり受けないので、「爆発的に読まれる」というようなことは滅多に起きません。前述したようにごくごく稀な出来事です。ですからあまり参考にはならないかもしれないと考え、複数のサイトに同時投稿をしている、有名ブロガーの皆さんの記事の読まれ具合を少し気をつけて見てみました。すると、やはり同じような現象が起こっているケースが少なからずあります。 山本一郎さんやイケダハヤトさんといった、超有名ブロガーの方の記事に於いてさえ時どき同じ事態が発生しています。

ここでは基本的に「like」 や「おすすめ」の獲得数がPV数も示す、という前提で話を進めています。PVは伸びているのに「like」や「おすすめ」の獲得数は少ない、という現象も起こり得ますから、もちろん一概には言えないでしょう。しかし、それにしても、いやそれだからこそ、全く同じ記事がサイトによって受けとめられ方が違う、というのが不思議に思えるのです。

普通に考えればただの偶然か、あるいは単純に読者層が大幅に違う、というようなことなのかも知れません。でももしかすると、前述したように、これまでの紙媒体とは違って「情報を買う」必要のないネット読者に独特の法則というものが存在していて、面白いものはどこでも面白い、という普遍の法則以外の何かによってそういう現象が起きている、ということもあり得るのではないでしょうか。

世界中の理論物理学者は、宇宙の全てを解明できる「神の数式」を求めて日夜髪を振り乱して研究を続けています。物理学の最前線にいる彼らには参考にできる何モノもありません。彼ら自身が発見するしかないのです。

情報社会の最前線にいるネット媒体の管理者あるいは編集者の皆さんにも、参考にできるモノは何もなく、自らで紙媒体とは違う法則を発見していかなければなりません。その法則を発見した者は、ターゲットとしての読者を絞ることに成功する人です。つまりビジネスの勝者になること。

「徹底的に面白い記事」以外の記事も読ませるノウハウ、あるいはツボ、あるいはコツを獲得する者こそネット媒体の「神の数式」の解読者なのかもしれません(笑)。

皆さんぜひ頑張って下さい!

仲宗根雅則
テレビ屋
イタリア在住

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑