最近の図鑑がすごい件

2013年10月03日 23:22

最近、本屋の児童書コーナーに行くと、ものすごいラインナップで豊富にそろっているジャンルがある。子ども向けの図鑑だ。動物や昆虫といった定番のものから、世界地図や生活にまつわるもの、「くらべる」や「一番」といった切り口で勝負したものと様々だ。実際、出版不況の昨今にあって、いま子ども向けの図鑑は大ブームにあるようだ。

2011年の図鑑新刊発行部数は195万部と、前年比6割増。2012年以降も順調に伸ばしているもよう。定番は小学館のNEOシリーズ。写真やイラストが豊富で、シリーズがたくさん発刊されているところがいい。なんと創刊10年でシリーズ累計500万部という。

動物 (小学館の図鑑NEO)
三浦 慎悟
小学館
2002-06



そして、うちの子がはまっていて、私のイチオシは講談社の「動く図鑑MOVE」。何が動くかというと、紙の図鑑だけでなく60分ほどの本格的なDVDがセットになっているのだ。このDVD、NHKの映像をふんだんに使っていて、かなりのど迫力。しかも、解説が子ども向けの楽しいナレーションなので、飽きずに観られるようになっている。うちは字がまだ読めなかった2歳くらいから観はじめて、出てくる動物や魚の名前を全部覚え、DVDと連動している図鑑で詳しく読むという習慣が見事についた。今では、鳥、恐竜、爬虫類・両生類、宇宙、大自然とほぼ全シリーズをそろえ、さながらちびっこ科学博士になっている。このシリーズは累計50万部だ。編集者のインタビューも絵本ナビに掲載されているが、その創刊、編集過程も熱い。


あとは学研の「ほんとのおおきさ」シリーズも発想の着眼点がいい。動物や魚を実物大の写真でドーンと載せているのだ。見開きいっぱいを使って載せても、まだはみ出すくらい。象の顔も超アップで、毛の一本一本が見えるといった具合だ。7カ国語で翻訳され、英語版はアメリカのペアレンツチョイス賞ノンフィクション部門で最高の金賞を受賞したそうだ。

ほんとのおおきさ動物園
福田 豊文
学習研究社
2008-03


いま、日本の子ども向け図鑑が熱い。大人も一緒に楽しめば、眠っていた好奇心の泉が掘り起こされるだろう。おもしろい生物はダイオウイカだけではない。ぜひ出版社の皆さんは海外にも今まで以上に売り出してもらいたい。

学びのエバンジェリスト
本山勝寛
http://d.hatena.ne.jp/theternal/
「学びの革命」をテーマに著作多数。国内外で社会変革を手掛けるアジア最大級のNGO日本財団で国際協力に従事、世界中を駆け回っている。ハーバード大学院国際教育政策専攻修士過程修了、東京大学工学部システム創成学科卒。1男2女のイクメン父として、独自の子育て論も展開。アゴラ/BLOGOSブロガー(月間20万PV)。著書『16倍速勉強法』『16倍速仕事術』(光文社)、『マンガ勉強法』(ソフトバンク)、『YouTube英語勉強法』(サンマーク出版)、『お金がなくても東大合格、英語がダメでもハーバード留学、僕の独学戦記』(ダイヤモンド社)など。

タグ: ,
アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑