大学入試、2次試験は残しエッセイの導入を

2013年10月14日 07:24

国公立大入試の2次試験を廃止して、人物評価を重視した面接を導入しようという政府の教育再生実行会議の報道が話題になっている。日本の国公立大学の入試制度は、同一条件で一斉に同一の問題を解くため、公平性が担保されているという利点はある。たとえば、貧困家庭で海外経験などの「豊かな体験」ができなかったり、高校時代の成績は悪かったが一念発起して大学受験に挑戦するような人にも等しく門戸が広げられている。しかし、一律の入試と、予備校が煽る偏差値序列化により、入ってくる学生が画一的になってしまう弊害があることも否めない。


昨今の教育再生実行会議の議論は、この課題点を念頭にアメリカなど海外大学の入試制度を参考にしていると思われる。私は、その問題意識は必ずしも間違っているとは思わないが、2次試験を全面廃止することには反対だ。

現在のセンター試験は、選択式で問題のレベルも全高校生の平均に合わせているため、将来研究者を目指すような学生にとっては平易過ぎるし、機械的だ。私は東大の2次試験しか詳しくは知らないが、数学や理科、歴史なども、暗記だけでは歯がただず、理論を自分の頭で理解し応用できる力がないと解けない良問が多い。私なんかは東大の2次試験対策をするなかで、学問の楽しさを知ったくらいだ。その2次試験を全廃してセンター試験だけにするとなると、かえって暗記重視の機械的勉強を助長することになりかねない。トップ層の学力低下を招くことにもなろう。

では、現状のままでよいかというと、そうではない。報道では人物重視の面接評価を導入とあったが、私は面接よりもエッセイの導入を提案したい。しかも、2次試験は残したままでだ。面接は多数の受験生を対象に実施するのにかなりの時間と手間ひまがかかり、しかもどの面接官が評価するかによってかなりばらつきが出る。米大学の多くはOBOGがやっているが、日本でその仕組みを導入するのには無理があるし、評価方法も曖昧になる。しかも、米大学で面接はエッセイほど重要視されていない。

エッセイであれば、面接ほどばらつきが出にくいし、評価者もOBOGてはなく試験委員の教授などが一貫して行うことができる。内容もこれまでの人生を振り返り、その大学と専攻の志望動機などを書かせることで、自分が本当にやりたいこと、学びたいことを改めて深く考えるとともに、大学や学問領域、将来の職業などについて、真剣に考え、調べる好機となる。今の日本の大学受験において最も足りないのはこの部分だ。

エッセイの評価も難しいところはあるが、それだけで評価するのではなく、センター試験と2次試験の総合点にあまり差がない学生間のジャッジに活用するのがよいだろう。それだけであっても、合格のために1点を凌いで勉強する受験生は真剣に準備せざるを得ないし、エッセイを書くことを通してなぜその大学で学ぶのかを真剣に考えたプロセスが本人にとって非常に重要な経験になるに違いない。

学びのエバンジェリスト
本山勝寛
http://d.hatena.ne.jp/theternal/
「学びの革命」をテーマに著作多数。国内外で社会変革を手掛けるアジア最大級のNGO日本財団で国際協力に従事、世界中を駆け回っている。ハーバード大学院国際教育政策専攻修士過程修了、東京大学工学部システム創成学科卒。1男2女のイクメン父として、独自の子育て論も展開。アゴラ/BLOGOSブロガー(月間20万PV)。著書『16倍速勉強法』『16倍速仕事術』(光文社)、『マンガ勉強法』(ソフトバンク)、『YouTube英語勉強法』(サンマーク出版)、『お金がなくても東大合格、英語がダメでもハーバード留学、僕の独学戦記』(ダイヤモンド社)など。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑