民主党の農業政策ってマジでクソだったよね --- うさみ のりや

2013年11月08日 11:15

最近、石破サンが「減反やめるべし」と発言したとのことで話題になっています。

私も役人時代一時期担当したこともあって農業政策については少々こだわりがあるのですが、減反も含めて一刻も早く見直すべきなのは「戸別所得保障制度」だと思っています。民主党政権下で導入されたこの制度は「減反政策に協力してくれた米農家には誰でも10アールあたり一律で1.5万円あげますよ」という政策なのですが、この制度は本当によろしくない政策だったと思っています。問題の根本は「主業農家も副業農家も区別せずに一律にお金をばらまく」というところにあります。

スクリーンショット 2013-11-07 20.10.24

上の図を見ていただければ分かると思うのですが、米というのは我が国で唯一、主業よりも副業農家の方がシェアが高い産業です。そして副業農家とはどういうものかというと、サラリーマンや公務員でして、その農業による年間収入は年間30万円程度です。だいたい10アールあたりの水田の売り上げが年間4~5万円程度なので副業農家は平均で60~70アールくらいの農地を持っていると考えられます。こういった農家に年間10万円お小遣いをあげて農業収入を30万円から40万円にして減反を進める、という何の効果もない謎の政策を民主党は進めていたわけです当時の農水省の官僚の方々は「いくらなんでも民主党の農政はないわ」とあきれてましたよ。

スクリーンショット 2013-11-07 20.10.59

他方でコメ農家として主業で食っていこうとするならば、最低でも5haくらいは必要なわけで、そういう人達に対して戸別所得保障をすれば250~350万円の年間所得が、325~425万程度になるということで、それなりに米の自給率維持という観点では意味があったように思えます。兼業コメ農家にとって農業収入はほとんど小遣いに過ぎないなので、彼らに対する支援は打ち止めにして、主業農家に支援を集中して減反も見直すという至極当然の農業政策に転換したのは我が国農業・ひいては消費者にとってとても良いことだったと思います。

っていうか本当に民主党は何を目当てにあんな政策をしたんですかね~。。。。上記図表はすべて財務省の資料からの抜粋ですので、みなさまもお時間あれば眺めてみてください。

ではでは今回はこの辺で。


編集部より:このブログは「うさみのりやのブログ」2013年11月7日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方はうさみのりやのブログをご覧ください。


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑