WikiLeaksがTPP草案を公開した理由

2013年11月15日 09:31

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)については、交渉参加各国間の駆け引きが次第に激化しつつあるようです。協定の内容は、食糧から医薬保険、知財、工業など多岐に亘る。米国が主導的に進めているため、環太平洋、とはいえ、その内容に興味を抱く人が地球規模で増えてきました。そんな折、11月13日に内部情報告発サイト「WikiLeaks」が、TPPの知財分野の草案の一部を公開したようです。その中で重要な項目がいくつかあるんだが、著作権の権利について著作権所有者が侵害の事実を訴え出なければ問題にはならない現状を変え、行政などが「非親告」的に告発できるようにする、といった内容が含まれているようです。


WikiLeaksは、このままでは米国に有利な知財関係の協定になってしまい、個人の表現の自由や知財などが踏みにじられる、とその危険性を警告しています。さらに、米国の提灯持ちとして、オーストラリアを名指しで揶揄している。交渉団は自国民の利益のために動いているはず、と期待したいんだが、秘密交渉なのでこうしたリークがないと交渉過程はなかなかわからない。日本についてそれほど言及はないんだが、各条項でせめぎ合っている中、オーストラリアとともに米国支持で固まっている国々に入っている可能性は低くありません。WikiLeaksは「交渉参加国の3人しか協定の全文を読むことはできない」のにも関わらず「シェブロンやハリバートン、モンサントといった米国企業の利益を代表するロビイストたちは協定文書の重要カ所にアクセスできる」と書いています。

今回公開された草案内容は、8月30日時点のもので、各国の交渉攻防により時々刻々と内容が変転するため、このままの条文が決まるとは限りません。来週から米国で首席交渉官による会合が開かれます。ここでも内容が書き換えられるかもしれません。表題の記事では、WikiLeaksが内容を公表した時期が重要、と書いています。TPPが国際的に大きな問題になれば、今年末までに同協定を批准し、同時平行的に進めているTTIP(環対西洋貿易投資パートナーシップ)の地均しにしたい米国オバマ政権の思惑を突き崩しかねません。

WIRED
Wikileaksが「TPPの草案」を公開:知財関連の秘密文書


アクション・カメラの代名詞「GoPro」誕生秘話が創業者へのインタビュー映像で明らかに
Gigazine
なんか、こういうのを作れなくなった、ということが日本のモノ作りの凋落ぶりを象徴してるような気がします。ここんところ話題のカメラ「GoPro」なんだが、最初はデカくて重くて実用性はちょっとありませんでした。しかし、どんどん進化して本当にストレスなく、地球上のあらゆる場所へ持ち込める画像記録ガジェットの代表選手に育ってしまった。自分でもサーフィンをやる創業者の話を聞いていると、パタゴニアのイヴォン・シュイナードを彷彿とします。米国人っぽい発想なのか。いや、シュイナードはスイス人だったっけ。

次々とブレイクする“あまちゃん女優”たち、最大の勝ち組は誰?
メンズサイゾー
すでに懐かしいドラマ『あまちゃん』なんだが、時間が経つのは速いものです。この記事では、同ドラマに出ていた若手の女優たちのその後について書いている。主役の能年玲奈や親友役の橋本愛はもちろん、アメ横女学園のセンター・有馬めぐ役を演じた足立梨花、小泉今日子演じる春子の若き日を演じていた有村架純、GMTメンバーの小野寺薫子役で出演した優希美青らが頭角を現しているらしい。確かに魅力的な女優さんたちがたくさん出ていたドラマでした。あなたのお気に入りは誰でしたか。この記事の最後のほうに書かれているように、世代的には渡辺えり、木野花、美保純、片桐はいりといったメンツが楽しかった。女優じゃないけど、ピエール瀧も芸達者でしたな。

日記を「書く」んじゃない、「答える」んだ。質問日記『Grid Diary』は、やってみる価値あり
TABROID
こんなことまでして、どうして日記を書かなきゃならないのか疑問なんだが、年始をきっかけに三日坊主にならず、日記を始めたい、と考える人もいるんでしょう。日記を書くと、自分を見つめ直せるんでしょうね。SNS全盛で、他人様に読ませる文章ばかりでは本音も出せないし、自分だけの日記なら「本当の自分」を吐露できる。しかし、いったい何を書いたらいいのかわからない、という人もいます。そんな人は日記なんか書かないほうがいいんじゃないでしょうか。

レクスト、接点の不要振動をコントロールする「レゾナンス・チップ・コネクト」
AV Watch
世の中には「オーディオマニア」と呼ばれる人たちがいます。微細な音の違いにこだわり、オーディオ機器に大金を注ぎ込む。今はデジタルオーディオプレーヤーが出てきてるので、原理的には劣化しない音が再生可能だそうです。しかし、アレだって電気的なものなので、ノイズが気になる、という話も出てくる。イタチごっこなんだが、それが楽しいんでしょうな。この記事では、電気的な端子につけるチップを紹介しています。


アゴラ編集部:石田 雅彦


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑