元ミス・インターナショナルは芸能界の暗部をあばけるか

2013年12月18日 01:01

今年のミス・インターナショナルは、フィリピン代表の女性に決まったようです。一方、日本では2012年に日本人で初めてミス・インターナショナルになった吉松育美さんが、芸能界の暗部を指弾する記者会見を開き、話題になっている。彼女が告発したのは、ある芸能プロダクション社長による「ストーカー行為」と脅迫まがいの言動です。


彼女はまず警察に訴えたそうなんだが、満足のいく反応が得られず、次に週刊誌に窮状を吐露し、さらに12月13日には司法記者クラブでも会見を開いて同様の告発をしたらしい。しかし、どこも記事化せず、ネット上以外では話題にもならなかった。日本の報道機関にサジを投げ、今度は日本外国特派員協会で記者会見を開いた、ということのようです。

事の真相は不明ながら、この芸能プロダクションは、芸能界の「重鎮」がにらみを利かせる系列に連なり、テレビ局や出版社、新聞社にまで影響力を発揮できる存在です。そのために報道機関が「自粛」したのか、それとも「事件」そのものが彼女の「妄想」かどうか様子見しているのか、ちょっとわからない。ただ、今回の「事件」には、2008年に自殺した元TBSアナウンサーの川田亜子さんとつながりのある人物がいるようです。

川田さんは港区の路上に止めた車中で練炭自殺をし、今でも動機や自殺の真偽などがいろいろと取り沙汰されています。こうした事情から吉松さんが身の危険を感じたとしても当然でしょう。単なる「妄想」から今回の一連の記者会見をした、とも考えにくい。ストーカー行為をしていたとされる人物は、関東連合との関係もウワサされ、所属タレントの強引な売り込みで現場関係者からいい顔をされていない、とも言われています。

吉松さんは、その人物を刑事と民事で提訴告発したそうなんだが、捜査当局が今後どう動くか、注目されています。その結果次第では、川田さんの自殺の真相なども明らかになる可能性もある。さらに、芸能界にまつわる「都市伝説」の真偽が、少しは見えてくるキッカケになるかもしれません。酒井法子事件や押尾学事件が、民主党政権発足直前に起きたのは単なる偶然でしょうか。当然ながら芸能界は、旧来の権力構造と密接につながっています。

エンタメScoop
テレビ、大手マスコミは報道規制!ミスインターナショナルの吉松育美、谷口元一による脅迫被害を記者会見!


シリアのアルカイダ勢力
中東の窓
そもそも「アルカイダ」という存在が、いったいどういう経緯で生まれ、どういう役割を演じてきたのかについては諸説紛々です。中東に限らず、こうした跳ね返り勢力を政治的に利用しよう、と試みることは古今東西で行われてきた。いつの時代どんな組織にも跳ね返りがいるもんです。不平不満分子を集めた「体制内跳ね返り」と言えば、新撰組なんかもそうでしょう。連中は基本的にテロリスト集団なわけで、アルカイダを最初に利用したのがいったいどっち側だったのか、なんてのもしょせん藪の中。ただ、利用しようとした相手に逆に利用されていた、という例も古今東西で枚挙に暇がありません。

新たな遺伝暗号duon見つかる
Sekkaku Life
「コドン」という遺伝子塩基配列について書いているブログです。ここから意味ある遺伝子の並びが始まるよ、という「開始コドン」とか、これでこの遺伝子配列はオシマイです、という「終止コドン」なんかがある。その間、ATGCで組まれた文字列によって、特定のタンパク質が作られたりします。しかし、遺伝子というのは融通無碍なヤツらで、複数で一つの役割をしたり、逆に一つで複数の役割をすることがよくある。この組み合わせたるや実際的な表現の「天文学的」な数になるはず。で、このブログでは、コドンにも複数の役割があることが見つかった、という記事を紹介しています。まあ、そういうのは推測すると当然で、単に今まで見つからなかっただけ。まだまだ我々風情が知らないことがたくさんあることでしょう。

「新幹線清掃の会社」がハーバードビジネススクールから注目された理由
lifehacker日本版
航空機も含めて日本の公共交通機関はキレイです。ガルーダインドネシア航空なんて乗ったら大変だ。日本は乗客のモラルがいい、というのもあるんだろうが、電車もすぐに掃除してしまい、弁当ガラなんかが転がっていることはほとんどありません。逆に、終電なんかでアルミ缶やペットボトルが床を転がってるとものすごく気になる。このブログでは、新幹線の車内清掃会社について紹介しています。在来線は別会社がやってるんでしょうか。新幹線がキレイなのは当然と言えば当然。在来線がキレイなほうがスゴいと思います。

発注側から見て、困った開発をどうするか。
島国大和のド畜生
「サンクコスト」の話です。仕事を発注してしまっても、ありゃこりゃ失敗するな、と思ったら、即座に損切りして中止する、というわけ。せっかく始めた仕事だし、とか、ここまでカネをかけたんだから、とか言ってるとドンドン悪い方向へいっちゃいます。しかし、ゲーム業界は相変わらず「鬼畜」っぷりが半端ねえな。


アゴラ編集部:石田 雅彦


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑