IMF世界経済見通し改訂版 : 2014年は緩やかに上向き --- 安田 佐和子

2014年01月23日 01:00

国際通貨基金(IMF)は21日に公表した最新の世界経済見通し(WEO)で、2014年の世界経済成長率を3.7%とし、前回2013年10月時点の3.6%から上方修正しました。米国の2014年成長率見通しは2.8%と従来の2.6%から引き上げたほか、日本も前回の1.2%から1.7%、ユーロ圏も0.9%から1.0%、英国も1.9%から2.4%へjo上方修正。国内総生産(GDP)世界2位の中国も従来の7.3%から7.5%へ上方修正し、2014年は全般的に上向きが示されています。一方で、2015年の世界経済見通しは従来の3.9%で据え置きました。

世界経済見通しのレポートから。先進国の成長は極めて鈍いんです。

imf

米国に対しては、予算合意に伴う連邦政府の不透明性後退とともに内需拡大を挙げ2014年見通しを引き上げつつ、2015年は予算合意の財政引き締め効果を見込み引き下げました。日本は消費税増税前の駆け込み需要で2014年は上方修正も、2015年は増税の影響をにらみ下方修正。ユーロ圏は2014-15年を小幅に上方修正しましたが、「低インフレ」がリスクと指摘。デフレのリスクも、10-20%と予想しています。

エマージング国は、内需が依然として相対的に弱いと指摘。米連邦公開市場委員会(FOMC)によるテーパリング地ならし観測の強まりを受けた2013年半ばからの金利上昇、金融政策と政治の不透明性および障害により投資が減速したと分析しています。その上で、ロシアについては2014、2015年それぞれ1%ポイント引き下げ、ブラジルも2014年、2015年そろって下方修正しました。今以下、世界経済見通し改訂版となり()内は前回の数字。なお世界経済見通しは四半期に一度、1月、4月、7月、10月に改訂版が公表されます。

2014年成長見通し

世界経済→3.7%(3.6%)

先進国→2.2%(2.0%)

米国→2.8%(2.6%)

ユーロ圏→1.0%(0.9%)

独→1.6%(1.4%)

仏→0.9%(0.9%)

伊→0.6%(0.7%)

西→0.6%(0.2%)

日本→1.7%(1.3%)

英国→2.4%(1.8%)

カナダ→2.2%(2.1%)

新興工業国→5.1%(5.1%)

中国→7.5%(7.2%)

インド→5.4%(5.2%)

ASEAN5ヵ国→5.1%(5.4%)

ブラジル→2.3%(2.5%)

メキシコ→3.0%(3.0%)

ロシア→2.0%(3.0%)

2015年成長率見通し

世界経済→3.9%(3.9%)

先進国→2.3%(2.1%)

米国→3.0%(3.4%)

ユーロ圏→1.4%(1.3%)

独→1.4%(1.3%)

仏→1.5%(1.5%)

伊→1.1%(1.0%)

西→0.8%(0.5%)

日本→1.0%(1.2%)

英国→2.2%(2.0%)

カナダ→2.4%(2.3%)

新興工業国→5.4%(5.3%)

中国→7.3%(7.1%)

インド→6.4%(6.3%)

ASEAN5ヵ国→5.6%(5.6%)

ブラジル→2.8%(3.2%)

メキシコ→3.5%(3.5%)

ロシア→2.5%(3.6%)

2013年成長率

世界経済→3.0%(2.9%)

先進国→1.3%(1.2%)

米国→1.9%(1.6%)

ユーロ圏→マイナス0.4%(マイナス0.4%)

独→0.5%(0.5%)

仏→0.2%(0.2%)

伊→マイナス1.8%(マイナス1.8%)

西→マイナス1.2%(マイナス1.3%)

日本→1.7%(2.0%)

英国→1.7%(1.4%)

カナダ→1.7%(1.6%)

新興工業国→4.7%(4.5%)

中国→7.7%(7.6%)

インド→4.4%(3.8%)

ASEAN5ヵ国→5.0%

ブラジル→2.3%(2.5%)

メキシコ→1.2%

ロシア→1.5%(1.5%)


編集部より:この記事は安田佐和子氏のブログ「MY BIG APPLE – NEW YORK -」2014年1月21日の記事より転載させていただきました。快く転載を許可してくださった安田氏に感謝いたします。オリジナル原稿を読みたい方はMY BIG APPLE – NEW YORK –をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑