オバマ大統領はうまく店を畳むことができるか

2014年01月28日 19:09

まだ都知事選も終わってないのに気が早いかもしれないんだが、2016年11月8日には米国の大統領選挙が予定されています。米国大統領に三選はありません。自動的にオバマ大統領から次期大統領へバトンタッチすることになる。今年2014年11月には中間選挙が行われ、2期目の半分を過ぎたオバマ政権に対する評価も出るはず。中間選挙の結果は、民主党政権に大きな追い風となるか、それとも強烈な打撃を与えるのか、それは2年後の大統領選にどう影響するのか、世界中が注視しています。


オバマ大統領は、目玉政策である医療保険制度改革、いわゆる「オバマケア」がうまくいかず、これも政権と上下議会との「ネジレ」が原因の一つと言われています。予算が議会を通らないため、オバマケア自体は成立したものの、完全に執行できない状態になっている。中間選挙は、上下議会のネジレ状態を解消するのか、それともオバマ政権のさらなる足枷になるのか、このあたりも焦点になります。

さらに元CIA職員エドワード・スノーデン氏によって暴露された国家安全保障局(NSA)の情報収集活動への批判やシリア問題での「考え過ぎ」の外交政策などにより支持率が急落しつつある。一部メディアでは、すでに「死に体」という表現まで出る始末。オバマ後を見据えた動きがあちこちで出始めています。

Googleが民主党を見限った、と書いている表題ブログのような「手の平返し」もあるんだが、民主党の次の大統領候補者が誰か、早くも話題になっています。民主党政権のままなら、有力な候補はヒラリー・クリントン元国務長官、と言われている。しかし、クリントン氏は「死に体」などと言われているオバマ大統領に引きずられ、一蓮托生のような状態になることを恐れています。しかも彼女は1947年生まれ。2016年11月には69歳です。こう考えると、民主党にしても共和党にしても、まだパッとした大統領候補がいません。バラク・オバマが彗星の如く登場したように、予備選挙の過程で新鮮で魅力的な候補が現れるんでしょうか。

ワシントン現地時間で1月28日の夜(日本は29日午前)にオバマ大統領が一般教書演説をします。金融経済や景気、雇用などでは大きな失点はないはず。米国は今、アジアを含めて世界中に展開してきたプレゼンスを撤収する壮大な「店仕舞い」の真っ最中なんだが、どんなに政治的手腕が長けていても国家の後退期に人気の出る政治家はいません。ネガティブな印象を回避しつつ大統領選までうまく国民の興味を引っ張り続け、民主党の次期政権へ引き継ぐというのがオバマ大統領に与えられた当面の役わりのようです。

スロウ忍ブログ
米グーグルが米共和党に接近。


シリア情勢
中東の窓
1月22日からスイスのジュネーブで、国連主導のもと、シリア紛争の沈静化と解決を目指すシリア和平会議「ジュネーブ2」が開かれています。昨年末にはアサド政府側と反政府勢力が交渉のテーブルにつくかどうかさえ危ぶまれたんだが、なんとか双方が歩み寄ったカタチ。しかし、始まった途端、激しく互いを批判し、シリアでは依然として戦闘が継続中です。双方とも事態を打開したい、という気持ちだけはあるようなんだが、シリアの実態政権を今後どうするのか、という焦点になると一歩も引かない、といった感じ。交渉は行き詰まっているようです。このブログでは、反政府勢力の反転攻勢が活発化している、と書いています。

お客さんが居ない商売をするのが、一番幸せなんじゃないかと思う話。常識の通じないお客さんへのクレーム対応は地獄そのものです。
クレジットカードの読みもの
世の中には、クレーム自体が自己目的化している人もいます。いつも何か落ち度がないか鵜の目鷹の目で探している。瑕疵を見つけたら鬼の首を取ったように欣喜雀躍し、カスタマーセンターへ電凸します。なので、クレーム処理担当というのは、粘り強い性格じゃないと務まらない。よく病まないな、と感心します。顧客がいてこそビジネスが成立するので、不特定多数を相手にする商売で、クレーム対応は必須でしょう。そして、不特定多数から広く薄く売上げないと大きなビジネスはできません。

Hondaの歴代コンセプトカーの3Dデータを公開 ─3DプリンターでHondaの「ものづくり」を体験─
HONDA
これはおもしろい試み。2007年の「PUYO」や2013年の「NSX Concept」といったコンセプトカーを、3Dプリンターで立体的に楽しむことができます。本田宗一郎の言葉、思想がしっかりしてることが重要、というのはよくわかる。目指す目的がわからないのに、何か意味のあるものが作れるとは思えません。

amazonアソシエイトの審査に落ちた理由が2点は確実に分かった件
materialize.jp
今どき、インターネットで買い物をするのは、ごく当たり前の行動なんだが、単に買ってるだけじゃもったいないですね。世の中には「アフィリエイト」というのがあって、ようするにこれは「紹介料」。アマゾンなんかで買い物をする際に、どこかのブログサイト経由でアマゾンへ入り、そこから商品を選んで買えば、一定額の紹介料がそのブログサイトへ支払われる、というもの。「基本的」に自分で買った商品の紹介料を自分に支払うことはできません。さあ、そこのあなたも下のアマゾンの商品紹介からカメラを買ってみましょう。


アゴラ編集部:石田 雅彦


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑