今週のアップデート=原発再稼動を考える(2014年2月10日)

2014年02月10日 16:38

アゴラ研究所の運営するエネルギーの「バーチャルシンクタンク」、GEPR(グローバルエナジー・ポリシーリサーチ)はサイトを更新しました。


今週のアップデート

原子力規制委員会は何を審査しているのか
1)【本記】 2)【要旨】 3)【資料】

アゴラ研究所は、2月4日にインターネット放送「言論アリーナ」で「原子力規制委員会は何を審査しているのか」という放送を行いました。

出演者は、諸葛宗男(もろくず・むねお)元東京大学公共政策大学院特任教授・NPO法人原子力の安全と利用を促進する会理事、澤田哲生・東京工業大学助教、池田信夫・アゴラ研究所所長。原子力規制委員会の活動の問題点を議論しました。

その内容を、報告、要旨、さらに諸葛氏の作った資料に分けて公開します。

同委員会の活動の問題は、適正手続きを省略して、原子力発電所の設備についてバックフィット(法の遡及適用)を行う問題の多いものです。これを分析しています。

今週のリンク

1)(映像)原子力規制委員会は何を審査しているのか

今回記事で取り上げた言論アリーナの更新です。GEPRトップページ上部に掲載します。

2)原子力発電所の新規制施行に向けた基本的な方針(私案)

原子力規制委員会が法律上あいまいで、政省令上に明確な規定のない原発へのバックフィットを行っています。その根拠がこの文章ですが、委員会の田中俊一委員長のメモにすぎません。こうしたあいまいなもので国の行政が動く、おかしな状況になっています。

3)もう「原発こわい祭」は終わりにしよう

池田信夫アゴラ研究所所長の論考。2月9日に投開票が行われた東京都知事選は舛添要一氏が当選しました。原発ゼロを掲げた細川護煕氏、宇都宮健児氏は落選しました。リスクゼロにするその騒ぎの無意味さを、指摘しています。

4)米国における持続可能エネルギー調査白書 2014年版

ブルームバーグ・ニューエナジーファイナンス。米国事情を紹介するリポート(英語)。米国ではわずか5年前に比べて、エネルギーの消費効率が向上し、二酸化炭素排出量が減少しており、さまざまな最新技術の影響で、過去何十年も続いてきたエネルギーを取り巻く環境が変化しつつあることを伝えています。

5)官房長官、新エネ計画「もんじゅ含め議論・決定」

日経2月7日記事。菅義偉官房長官は7日の閣議後の記者会見で、高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)の実用化に向けた目標や組織の見直しを示唆しました。月内にも閣議決定するエネルギー基本計画に関し「もんじゅを含め徹底的に議論し、与党とも調整して決定する」としています。国は1兆円の支出をしましたが、その見直しは画期的なことです。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑