アゴラ読書塾 池田信夫「明治国家を考える」

2014年03月14日 15:06

安倍首相の「右傾化」が目立ってきました。彼の指名したNHKの会長や経営委員の発言が「歴史修正主義」だと批判を浴びています。今まで近代日本を「侵略国家」とする人々と「大東亜共栄圏」を賛美する人々が歴史を政治的に利用してきましたが、私たちはどれほど日本の歴史を知っているのでしょうか? 


今回のアゴラ読書塾では近代日本の歴史をさかのぼり、「明治国家」を考えます。「自虐史観」などと呼ばれる歴史観では、それは帝国主義の天皇制国家であり、「封建遺制」を克服できなかったことが軍国主義につながったとされています。他方、それを批判する人々は、日本の戦争は「自存自衛」のための正義の戦いであり、朝鮮半島や満州は日本の生命線だったと主張します。

しかし現在の歴史学では、こういうステレオタイプは問題になりません。近代日本は一貫して侵略国家だったわけでもなく、一貫して東アジアの優等生だったわけでもない。このシリーズでは歴史学の最新の成果をもとにして明治の歴史を検討し、当事者はどう考えていたのか、それがどこから脱線したのかを考えたいと思います。2回目(4月13日)には、田原総一朗さんとの対談で「安倍政権と歴史認識」を考えます。

講義はすべてUstreamで中継するので、全国の(あるいは海外の)みなさんも視聴でき、質問もSkypeでできます。テキストは1冊を何回かにわけて読みますが、すべて読む必要はありません。むずかしい本を読まなくても中身がわかるのが読書塾のメリットです。毎週メールマガジン(無料で購読)で基礎知識を解説します。

講師:池田信夫(株式会社アゴラ研究所 所長)

テキスト(例)

など、みなさんのリクエストに応じて決めます。

開催日:2014年4月4日から毎週金曜日・全12回
 4月4日・13日・18日・25日
 5月9日・16日・23日・30日
 6月6日・13日・20日・27日
時間:18:30~20:30

場所T’s渋谷フラッグ(渋谷駅より徒歩5分)
定員:30名(先着順で締め切ります)。Ustreamによる視聴は無制限(*)。

受講料(PayPalも利用できます)
 12回:6万円(欠席の場合も音声とスライドをお送りします)
 これまでの読書塾・経済塾の受講者:5万円
 女性・学生・Ustream:3万円
 それ以外に受講者を紹介していただいた方には、1人1万円割り引きます。

お申し込み方法専用フォームに必要事項をご記入いただき、フォーム記載の弊社口座へのご入金をもって手続き完了です。受付は開講当日まで承ります。

(*)Ustreamを視聴するにはパスワードが必要です(モバイルアプリからは見られません)。

主催:株式会社アゴラ研究所

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
池田 信夫
アゴラ研究所所長 青山学院大学非常勤講師 学術博士(慶應義塾大学)

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑