好調な「牛すき鍋」系の明暗を探る

2014年04月07日 12:28

牛丼のファストフードチェーン「吉野家ホールディングス」が、今年2月期の業績を上方修正したそうです。売上げも純利益も増えたらしい。その理由の一つが顧客単価が上がったから。2014年4月現在、牛丼の並盛は300円なんだが、並盛りで590円の「牛すき鍋膳」というメニューがよく出ている。鍋仕立て、固形燃料で加熱調理し、卵と漬け物がついているとはいえ、値段が約倍です。


このメニュー、スキヤキなので白菜や長ネギ、豆腐、さらに平打ち麺が入っていて、普通の牛丼よりも野菜を少しは余計に食べることができます。安く速く手軽に食べる、というスタイルから、多少は高くても時間をかけて食べたい、というようにニーズが変化してきたんでしょうか。「吉野家」によれば、これまで同チェーンに足を運ばなかった高年齢の女性の客にもアピールしたようです。

同じ牛丼チェーンの「すき家」の場合、似たような「牛すき鍋定食」というメニューがありました。これは「吉野家」の「牛すき鍋膳」が好調だから、というわけで「すき家」も約2カ月遅れで導入したメニューです。値段も同じ。「すき家」の「牛すき鍋定食」も売上げを伸ばし、「『すき家』の名前は『すき焼き』が由来なんです」とまでうたってキャンペーンを展開していました。

しかし、このメニュー、4月1日から販売を終了しています。再開は未定。「吉野家」でヒットしているのに、どうして、というのは当然の疑問なんだが、手間暇のかかるメニューにスタッフが音を上げ、その負担に対応できなくなった、という「ウワサ」があります。その余波もあり、店舗を一時、閉めるほどスタッフが不足した、という話もある。一連の騒動は、ネット上で「鍋の乱」と揶揄されています。

これについて「すき家」広報に聴いたところ「すき焼きは寒い季節限定のメニューで、春になって温かくなったから止めた」とのこと。涼しくなってきたら復活するかも、と言っていました。とはいえ、これをなくしたから代わりに暖かい季節限定の新メニューがあるわけではない。ゼンショー広報のレスポンスは素速く感動ものだったんだが、同じように「吉野家」広報に聴いてみると気温が上がっても売上げは下がっていない、とのこと。当初は「吉野家」も季節限定メニューだったらしい。しかし、当面は継続するようです。

いずれにせよ、長引くデフレに飽きたのか、それとも少しは景気が上向いているのか、牛丼に限らずファストフードチェーンの様相が少しずつ変化しているようです。2期連続で減収減益の「マクドナルド」を見ればわかるんだが、低価格の代表格だった牛丼チェーン各社が横並び路線から足並みを乱している。前述したように「吉野家」の牛丼並盛は、280円から300円へ20円値上げ。一方の「すき家」は270円と10円値下げしています。

食べ物について、消費者の意識も変わってきたのかもしれません。この「内閣府食育推進室」の調査によれば、家族一緒に朝ご飯や晩ご飯を食べたい、と答える家庭が増えているようです。また、偽装事件や食中毒、毒物混入事件などが頻発したからか、みなさん、食材の安心安全、健康にいいメニュー、食材のバランスといった項目に心がけるようになっている。

核家族化が進み、女性が社会進出し、外食の機会が増え、安い外食産業も街中にたくさんあるような時代です。しかし、安かろう悪かろうの食事を続ければ、それは国民の健康を害し、回り回って医療費の増額など社会のコストになっていきます。国民の側も将来的に自分の健康を守るのは自分だけ、という意識に目覚めつつある。ファストフードチェーンもこうしたニーズに敏感に反応しなければならなくなった、というわけでしょう。

わようふうどっとこむ
築地の吉野家の1号店でしか食べられない「牛丼 ネギだくだく」を食ってきた!


トイレスマホ、ご用心。「痔」になる確率があがるかも~
TABROID
自宅から駅の公衆トイレにいたるまで、座る形式の洋式トイレばかりになりました。しゃがみ込む形式の和式トイレはほとんど見かけません。あれはあれで足が痺れたり、弊害がありそうなんだが、この記事によるとトイレにあまり長く座り続けると厄介なことになりかねない、と警告を発しています。これによれば洋式トイレ、というより、長時間、力み過ぎるのが良くないらしい。だとすれば、スマホを使うこととは無関係のような気がします。

Georgia Cop Pulls Gun On 11-year-old Black Child For Building A Tree House
CROOKS AND LEARS
米国ジョージア州の警官が、自宅裏にツリーハウスを作っていた11歳の黒人少年に銃を向けた、という記事です。「911」というのは米国の「110」。警察は、木の上に少年がいて危険だったから威嚇した、というような説明をしてるらしい。「911」をかけて警官を呼んだのは、その警官の妻だった、というんだが、どうも説得力がありません。ジョージア州と黒人、というわけで、背景にはいろんなことがあるんでしょう。

ダニエル太郎が日本男子テニスにもたらした可能性
THE PAGE
記者会見なんかでメンバーが発表されたとき、当方の家人などは「誰この『テニスの王子様』みたいな子は」と驚いてました。やはり、顔がいいと得ですね。実力のほうは未知数のようなんだが、スター性は持っていそう。日本のお馬鹿なマスメディアから持ち上げられ過ぎてスポイルされないように要注意です。

Yellowstone supervolcanoes, fleeing bison, and the ongoing battle to infect your mind with disinfo
NATURAL NEWS
地震の「ウワサ」というのは、古今東西で変わりないようです。先日、南米のチリで大きな地震があり、日本へも津波がやってきた。今、取り沙汰されているのは米国カリフォルニアです。西海岸で群発地震が頻発しているらしい。ロッキー山脈の火山地帯でも異変が起き、イエローストーン国立公園の動物たち、とりわけバッファローが逃げ出し始めている、という「ウワサ」がネット上などで流布されています。しかし単なる「ウワサ」ではなく、実際にバッファロー(アメリカバイソン)が出歩いている。これはYouTubeにアップされた動画がもとになっている「ウワサ」で、もしかするとハンターたちから逃れようとしているだけかもしれません。この記事では、ネット上の情報には冷静に対処しよう、と呼びかけています。


アゴラ編集部:石田 雅彦


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑