ソメイヨシノは満開にコストをかけて大きなリターンを得る

2014年04月08日 19:18

関東南部ではボチボチ、桜も散り始め、葉桜になりつつあります。今週初めにグッと冷え込んだので、少しは長持ちするかと思っていたんだが、こぼれ桜、桜吹雪も見納めといった風情になります。

一斉に咲いて満開になり一斉に散る桜の様子は、日本人の精神性にもたとえられているんだが、これはソメイヨシノ(染井吉野)が「クローン」だからこそです。全国のソメイヨシノは遺伝子が同じなので、花が開花して散る生態も同じ。だから同時性がある、というわけです。


ソメイヨシノは、江戸時代末期、ほとんど幕末のころ、植木屋が多かった江戸の「染井」という在所から苗木が売り出されたのが最初らしい。枝にたくさん咲いて美しく、また生育も難しくなく早く育つので、その形質を保つため、一本の元木から接ぎ木されて全国に広まった、と言われています。

エドヒガン(母種)とオオシマザクラ(父種)の交配によって作られたソメイヨシノ。遺伝子解析によれば、全国のソメイヨシノはほぼ同一の遺伝子によるクローンであり、「染井」とヤマザクラで有名な奈良県の「吉野」が合体したのが銘々の由来です。ちなみに「染井」というのは、今のJR駒込駅の内側、旧日光街道を挟んだ六義園(柳沢吉保の下屋敷)の向かいあたりになる。そういえば六義園の「しだれ桜」も有名なんだが、あれはエドヒガン系のようです。

生物には、一種のコストとリターンの「経済学」があります。子孫を残すため、エネルギーをかけ過ぎるとムダになり、いずれはその種は衰退していくでしょう。タラコなんかはうんざりするほどツブツブの卵があるんだが、タラはたくさん生んで生き残る確率にかける戦略。ヒトの子はほぼ一人ずつ生んで一人ひとり大事に育てます。

ところが、ソメイヨシノは自家受粉できないクローンなので、あれほどたくさん咲いていてもソメイヨシノ同士で実はつけません。もちろん、近くに母種のエドヒガンや父種のオオシマザクラなど、別の品種が植わっていればソメイヨシノも実をつけるんだが、その実から種を取って育ててもソメイヨシノにはならない。

ようするにソメイヨシノは、日本人に愛されて鑑賞され、日本人と「共生」することで、これほど広く自分のクローンを増殖させることができた、というわけです。ソメイヨシノのあの膨大な量の花を眺めるたびに、これほどコストをかけていったいどれほどリターンが期待できるのか、と疑問だったんだが、イヌやネコの品種と同じで人為的に作られたクローンだった、というのが理由なんでしょう。

iPhone女史
桜満開!お花見会場からの脱出:花より団子な謎解きでお花見会場から抜けだそう!


DJI、空撮クアッドコプター Phantom 2 Vision Plus 発表。3軸ジンバル搭載、フルHD動画撮影対応
engadget 日本版
無人機の「ドローン」というと、米軍がアフガンあたりで民間人を誤爆していたりして凶悪なイメージがあるんだが、すでに一般名詞としてあちこちで使われています。この記事で紹介されているキットは、約13万円ほどで手軽に空撮が楽しめる、というもの。無線規格がどうなってるか気になるところで、そのままだと日本国内では使えないんじゃないかと思います。

Apple Has More Cash On Hand Than All These Different Countries
BUSINESS INSIDER
グローバル化による多国籍企業が、いったいどこの国に税金を納めているか、世界中で問題になっています。多国籍なんだから、なるべく税金の安い国に本社を置いとく。誰だってそう考えるんだが、たとえば日本人がAmazonでモノを買っても税金は日本では支払われない、ということになる。Amazonは、日本の宅配便業者を使い、道路や通信など日本のインフラを使い、日本国内に物流センターを置いているのに、日本には税金を払ってません。米国議会でアップルは、税金なんて払いたくない、とか言ったらしいんだが、多国籍個人、というのは成立しない。天網恢々疎にして漏らさず、は企業には通用しないんでしょうか。

体内で分解する、人体に無害な「生分解性小型バッテリー」の開発に成功
Gigazine
昨日の当コーナーで数十秒で充電できる電池というのを紹介しました。どうも眉唾だ、という意見が多いようです。「STAP細胞」じゃないんだが、検証を待ちましょう。で、この記事では、体内健康管理ロボットを駆動させる電池に「体に優しい」ものができた、と書いています。イスラエルの「眉唾」電池がペプチドを使っていたように、電池も有機系になりつつあるんでしょうか。

ネットでじっくり選んで、エキナカで受け取り。エキナカの新しいサービス始まる。
FieldPromotion NEWS
アゴラ研究所は4月から上野へ引っ越しました。なので、最近はよく上野駅を乗り降りしています。しかし、上野のいわゆる「エキナカ」もすごいですね。もうほとんどあの中で用事がすんじゃいます。駅の外へ出る必要はない。ないのは銀行のATMだけ。口座から出金だけならコンビニめいた店の中に設置されているんだが、当方、法人カードなので使えません。この記事で紹介されている「Ecute(エキュート)」っていうのは、JR東日本がやってる「エキナカ」プロジェクト。大宮が最初らしいんだが、確かに大宮駅の中もすごい。品川も一つじゃ足りなくて二つもできてる勢いです。


アゴラ編集部:石田 雅彦


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑