菊池一夫『消費税増税に立ち向かう! 進化するポイント戦略』発売中!

2014年06月10日 17:32

消費税増税に立ち向かう! 進化するポイント戦略(菊池一夫著 価格:¥756税込)がアカシックライブラリーより発売されました。

 昨今、私たちの生活にはポイントカードが必須だ。商品を買っても、旅行に行っても、サービスを受けてもポイントが貯まっていく。そしてそのポイントを使って、また商品を買い、旅行に行き、サービスを受ける。私たちの生活にポイントカードは切り離せないのだ。
 そんな消費者を尻目に、企業はポイントカードを使って、どのようにして顧客の心を掴もうかと、必死になっている。しかし、ポイントの世界も奥深い。ポイントサービスを入れさえすれば顧客が増えるわけではない。
 そこにはポイントを利用した集客や誘客、リピーターを増やす方策などのコツとしっかりとした考え方が必要なのだ。
 本書は、20年以上もポイント業界に身を置いた著者が語る、決して「ポイントサービスの顧客には見せられない」独特のノウハウが詰まっているマーケティング担当者必読の書だ。


目次

はじめに

第1章 ポイントサービスの現状と歴史

 ポイント全盛期を迎えている
 企業がポイントを導入する理由
 繰り返し利用してもらうためのプログラム
 小売店のポイントサービスとは?

第2章 ポイント導入の基本的なメリット

 顧客情報をつかんでマーケティングに活かす
 会員制+ポイントで顧客を囲い込む
 優良リピート客を育てる戦略とは
 提携ポイントの登場

第3章 顧客にメリットをもたらす進化するポイントサービス

 顧客にとって歓迎されるポイントサービスとは?
 顧客に歓迎されないポイントサービス
 共通カードの登場でポイント環境が変わる
 自社をオムニチャネル化するポイント戦略

第4章 企業にとって割に合わないポイントサービスとは?

 ポイント戦略を活かせる業種、活かせない業種
 ポイントサービスの最大の負担は導入コスト
 自社内での運営コストも大きい
 自社運営を揺るがす国際会計基準
 アウトソーシング化されるポイントサービス
 共通ポイントのアウトソーシング
 共通ポイント導入のメリット・デメリット

第5章 ポイントサービス導入でなにが変わるのか
    実例から見える施策と効果

 外資系アパレルブランド店舗
 ECと店舗を統合したオムニチャネルの導入
 大手総合建設機械メーカーの複数事業
 カタログ通販事業でのポイント戦略
 電器メーカーと顧客をつなぐ
 住宅メーカーのオーナーズクラブ
 ポイントサービスをリニューアルした旅行予約サイト
 社員向けポイントサービス

第6章 地方の中小・中堅企業こそ必要なポイントサービス

 大手企業とのサービス差別化へ
 地域連携型ポイントとは
 地域密着キャンペーンで顧客を巻き込む
 加盟店が地域全体を考えることのメリット
 地元密着だから送客も効果大
 自治体も参加する地元密着度

第7章 ポイント導入のメリットを最大にする方法

 本業あってのポイントサービス
 自社を選ばせる魅力あるポイント
 コストをかけないポイント戦略とは
 顧客の楽しみを増やす
 変化する環境への対応
 判断スピードと実行力
 ITを最大限活用する
 スマートフォン連携も積極的に

おわりに


アカシックライブラリー
(株式会社アゴラブックスは株式会社アカシック ライブラリーへと名称変更致しました。)

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑