始まる10%以上がコストの「子育て世帯臨時特例給付金」申請 --- おときた 駿

2014年06月17日 12:27

Yahoo!ニュースを見て思い出しました。

子育て臨時給付金の申請は忘れずに

自治体によって申請期間は異なるのですが、我が北区でも対象者に申請書の発送が始まったようです。
00001

12月31日(水)当日消印有効とのことで、申請受付期間はけっこう長いみたいですけど、対象となる方は忘れずにお申込み下さいませ。


繰り返しになりますが、この

「子育て世帯臨時特例給付金」
「臨時福祉給付金」

前者が給付金1207億円に対して事務経費が202億後者が給付金3000億円に対して事務経費が420億円となっております。

詳細は以前に書いた記事をば。

話題の「子育て世帯臨時特例給付金」、配るのにかかる費用が202億円!

申請方法を見ると、

・区役所が対象者に郵送で申請書を発送

・対象者が記入して、郵送で申込書を返送

・1ヶ月~2ヶ月後に、銀行振込にて対象者に支給

ということで、このオペレーションだけで往復の郵送料、振込手数料が発生しているわけですね。

お問い合わせ窓口に専用フリーダイヤルまで設置するようですから、問い合わせに対応する通話料、オペレーターの人件費も加わります。それでもらえる金額が、一人1万円。。

税金を集めて、給付金として配り直すのに、また税金を使う。

やっぱりどう見ても、「筋が悪い」政策に見えてなりません。「再配分」にコストをかけすぎる典型的な悪例といえるでしょう。

税金はそもそも、できるだけやすく。行政はスリムに、かかるコストは最小限に。

きたる10%への消費税増税の際には、こんな付け焼き刃の政策にならないようしっかりと監視をしていかなければなりませんね。

明日は13時から都議会本会議、いよいよ代表質問です。13時から20時までの長丁場、出番はないけど頑張ります…。

それでは、また明日。


編集部より:この記事は都議会議員、おときた駿氏のブログ2014年6月13日の記事より転載させていただきました。快く転載を許可してくださったおときた氏に感謝いたします。オリジナル原稿を読みたい方はおときた駿ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑