ピカソと「ヒゲの男」との関係を探る

2014年06月18日 01:33

パブロ・ピカソといえば、キュービズムやシュールレアリスムといった一見、難解な表現で有名です。顔がひん曲がってたり、横顔と正面が混在していたりする女性たちは確かに強烈。しかし、キュービズムを創始する前には、いわゆる「青の時代」や「薔薇色の時代」といった具象的で比較的わかりやすい表現をしていた頃もあります。

00001
Picasso’s The Blue Room (detail), painted in 1901. Photograph: AP


そもそもピカソのデッサン力は並外れたもので、少年時代は「神童」とも言われていました。彼の父親は美術教師だったんだが、息子の才能に脱帽し、その絵画教育に邁進することになります。スペインの古典的なアカデミズムは彼にとって退屈で窮屈なものだったらしく、早々に美術学校を止めてパリへ出て若い芸術家たちに刺激を受ける道を選ぶ。わかりやすい絵から難解な絵へ、というのは「天才」ならではの軌跡なのかもしれません。

ピカソがパリで初めての個展を開いたのは1901年のことです。そこから1904年までが、いわゆる「青の時代」とされるわけなんだが、1901年の作品に『青い部屋(The Blue Room)』というのがある。ピカソが当時、住んでいたアトリエを描いたもので、パリで活躍していたロートレックの『メイ・ミルトン』のポスターが絵の中の壁に貼ってあることでも有名な作品。所蔵は米国ワシントンDCにある「フィリップス・コレクション」なんだが、この『青い部屋』を赤外線で調べてみると、今の絵の下に男性の肖像画が隠されていることがわかったそうです。

カンバスや絵の具が高価だった時代、画家たちはよく一枚のカンバスに複数の絵を重ねて描いたようです。特にゴッホの絵画には、貧しかったせいか、一つの作品の上に塗り重ねるように描かれたものが多い。X線や絵の具の成分での分析によれば、草むらの風景画の下に女性の肖像が描かれていたり、庭の風景画の下に黒猫が隠されていたり、はたまた花の静物画の下に二人のレスラーが格闘していたり、というようなことがわかってきています。ゴッホの場合、現在知られている1/3の作品はこうした重ね描きのものらしい。

しかし、ピカソの『青い部屋』に塗り込められたこの男、いったい誰なのか、と書けば何やら『美の巨人たち』(テレビ東京)の小林薫氏のようになってしまうんだが、口ひげを生やし、手に三つのリングを持った男の正体について、これまで様々に推理されてきたようです。自画像ではないことはわかっています。ひょっとすると、パリにおけるピカソの最初の個展を手がけたアンブロワーズ・ヴォラール(Ambroise Vollard)かもしれない、とこの記事には書かれている。

「青の時代」の始まりを告げる重要な作品『青い部屋』からは、当時のピカソの精神状態や画風の変遷などがわかるかもしれません。記事によれば、ピカソの『アイロンをかける女(Woman Ironing、1904年、グッゲンハイム美術館所蔵)』の下にもヒゲの男が描かれていることがわかっている。この『アイロンをかける女』からピカソは「薔薇色の時代」に入った、とされているんだが、画風が変わるごとに現れる「ヒゲの男」に対する興味がいやが上にも高まります。

the guardian
Picasso’s The Blue Room hides a secret painting


10 Scientific Ideas That Scientists Wish You Would Stop Misusing
io9
科学者たちが、我々に対して誤った使い方を止めてもらいたがっている10個のアイディアを紹介している記事です。たとえば「証明」という言葉。人類進化についての諸学説はどこまでいっても「証明」できないかもしれません。科学は何も「証明」してくれるわけではない、とある物理学者が言っている。さらに「理論」や「量子力学」なども誤用されているらしい。ほかに「適者生存」や「統計学」なんかについても科学者たちは一言あるそうです。

100ドル紙幣と米ドルの秘密
ビーカイブ
確かに米国で100ドル札を使うときは、何か特別な空気が流れます。早く崩しちゃおう、という気の焦りがそう感じさせるのかもしれません。使う場所にもよるんだろうが、当方はまだ100ドル札を拒絶されたことはない。しかし、銀行や空港の為替窓口では「100ドル札を入れずに」と頼むことにしています。ただ10ドルとか20ドル紙幣ばかりだとチップの時に困る。とはいえ、くしゃくしゃで汚い1ドル紙幣ばかりでも、というわけで、なかなか困るのが米ドルです。こないだ横須賀の角内で飲んでたら、壁中に1ドル札が貼り付けられ、ジョージ・ワシントンが悲惨なことになってました。

How to make sure your iPhone is ready for the beach
GIGAOM
そろそろ海のシーズンです。7月に入ったらビーチ三昧の日々が待ってます。海水浴場が開く前は、鎌倉の由比ヶ浜あたりでのんびりボディボードでもして、海が開いたら逗子のビーチで生ビールでも飲みながら本を読んだりするわけです。この記事では、海遊びの際のスマホ防御対策を紹介。しかし偏光サングラスは画像表示が見えにくい。防水ケースに入れて太陽にかざしながら見る、というのがいいかもしれません。できるだけ出さず、メールチェックもせず、誰にも連絡せず、浜辺でノンビリするのが一番でしょう。

Airline apologises for World Cup Twitter gaffe
The Telegraph
さて、アフリカのガーナにキリンはいるんでしょうか。一般的にはいない、とされています。キリンはサバンナ気候の土地に分布し、ガーナはそうじゃないから。まったくいない、といいきれるかどうか不明なんだが、サッカーW杯では、米国とガーナは因縁の間柄です。三大会連続で同じ国とぶつかる、というのも珍しい。米国代表は2連続でガーナに苦杯をなめさせられていました。今朝の試合では勝って良かったね、ということなんだが、米国のデルタ航空の広告ツイート画像がTwitterユーザーからヤリダマにあげられ、ガーナを紹介する画像にキリンを登場させてヒンシュクをかっている、という記事です。このほか、過去の航空会社の残念Twitterを紹介しています。


アゴラ編集部:石田 雅彦


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑