アリババ、IPOは9月1日のレーバーデー明けへ --- 安田 佐和子

2014年07月18日 08:03

00001

中国オンライン小売最大手アリババ・グループの新規株式公開(IPO)は、9月1日のレーバーデー明けに持ち越される見通しだ。ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙が関係者の話を元に伝えた。


マー最高経営責任者(CEO)の意向もあり、当初は中国で縁起の良い日にちとされる8月8日を目指していた。しかし、仮に同日近くを目指すなら例えば8月6日までにIPO価格を決定するために、7月21日週には世界中で説明会を開催しなければならない。それ以前に証券取引委員会(SEC)が来週までに査定を終了する必要がある。

現実的には、8月初めは夏休みの真っ只中にあたりマーケットが適切な価値で取引できるか疑問も残る。IPOの先送りは、不思議ではない。元来ハイテク企業に辛口なバロンズ誌が、同社IPOに慎重な見通しを示していたことが思い出される。

(カバー写真 : Gbtime)


編集部より:この記事は安田佐和子氏のブログ「MY BIG APPLE – NEW YORK -」2014年7月17日の記事より転載させていただきました。快く転載を許可してくださった安田氏に感謝いたします。オリジナル原稿を読みたい方はMY BIG APPLE – NEW YORK –をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑