バロンズ誌:プーチン大統領は株価操作の主犯格? --- 安田 佐和子

2014年08月12日 11:20

00001

バロンズ誌、今週号の特集は不動産情報サイトのジローです。同社は競合のトゥーリアを35億ドルで買収し、業界最大手の地位を確固たるものにしました。しかし同誌は、「そろそろ『売り物件』の看板を立てるべきだ」と主張しています。

当サイトが定点観測しているアップ・アンド・ダウン・ウォールストリートは、プーチン大統領が与えたマーケットへの影響に注目。ロシアがウクライナ東部に軍を配備しすわ本格的侵攻かと震え上がった刹那、あっさり「軍事演習を終えた」との報道が飛び込んで株価を乱高下させましたから。

ロシアへの制裁強化で同国株式指数のMICEXが3ヵ月ぶり安値をつけた後に一連の報道で買い戻され、S&P500は1900p割れを回避。金融市場に、落ち着きを与えました。

ロシアのMICEX、春以降の上昇を完全に打ち消していたんですよね。

chart
(出所 : MICEX)

半面、欧州は悲惨です。イタリアは4-6月期国内総生産(GDP)が0.2%減とリセッションに陥り、ドイツ株式指数DAXは10%もの落ち込みをみせてしまいました。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は7日に地政学的リスクに伴う景気減速に言及しながら、資産買い取りには慎重姿勢を貫いたのもハト派を中心に打撃を与えたことでしょう。

欧州では、国債利回りが軒並み低下。ロシアがユーロ圏に対し輸入制限を課す報復措置に出すなか、独10年債利回りは1.05%と過去最低、仏10年債利回りも1.44%、フィンランド国債利回りも1.18%と、さながら市場はリセッションの「R」を織り込みつつあるようです。

対して米国はというと、企業を中心に健全な状態を保っているようにみえます。低金利のおかげで自社株買い、合併・買収(M&A)、不動産投資信託(REIT)、インバージョンなどが株価を支えてきました。ただし、快調ぶりに翳りがみられています。21世紀フォックスがタイム・ワーナーの買収を断念し、スプリントはTモバイルUSAの買収を撤回し、ウォルグリーンはアライアンス・ブーツの未保有株式を全て取得する計画を表明したものの欧州への本社移転はないとして失望売りを誘いました。

バロンズ誌は、1989年の航空大手持ち株会社UALがレバレッジド・バイアウト実施に向けた資金調達に失敗した当時を振り返ります。1989年10月13日の金曜日、相場は6.9%も急落していましたね。では、相場はあの時のように下落に向かうのか。

違いがあるとすれば、Fedの金融政策。当時は引き締め政策のまっただ中にありましたが、現在は量的緩和(QE)策に幕を下ろそうとしているだけです。

一方で、米企業の間で活力が失われているのも事実。ブルッキングス研究所の調査では、創立10年を切る企業は減少し続け、逆に10年以上は増加しつつある。米企業はアメリカ人そのもののように「図体が大きく、肥えてしまった(big and fat)」状態。おまけにFedが超低金利政策という処方箋を与えたがために、大企業を中心に活性化にあたってM&Aや自社株買いに依存してしまいました。プーチン大統領が足元の株価操作の主犯格のようにみえて、米企業もある意味で共犯と言えるのかもしれません。

ストリートワイズも、M&Aを取り上げています。物言う投資家ビル・アックマン氏率いるパーシング・スクエアは、加製薬大手バリアントとしわ取り注射で有名な米アラガンに買収案を提示中。ところが、アラガンの強固な抵抗に加え追い風も加わり買収がさらに困難になってきたと伝えます。

ウォルグリーンが地元イリノイ州議員の猛反発で本社移転を断念していましたが、オバマ政権もインバージョン(法人税の低い国への本社移転)を目指す企業を制限する方策を模索し始めました。バリアントは2010年まで米国の会社だったところ、法人税3%に飛びついて買収したカナダ企業に変身していた事実が打撃となる可能性が横たわります。スプリントとTモバイルUSAなど、ヘッドラインに踊った買収破談のニュースも、投資家心理に重くのしかかることでしょう。さらに、上場投資信託(ETF)でジャンク債ファンドからの資金流出は4週連続となっています。地政学的リスクがヘッドラインを飾る毎日ですが、ニュースの陰で市場自体に変化が訪れつつある点は留意すべきでしょう。

(カバー写真 : World Economic Forum)


編集部より:この記事は安田佐和子氏のブログ「MY BIG APPLE – NEW YORK -」2014年8月10日の記事より転載させていただきました。快く転載を許可してくださった安田氏に感謝いたします。オリジナル原稿を読みたい方はMY BIG APPLE – NEW YORK –をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑