起訴された神父たちの「性犯罪」 --- 長谷川 良

2015年01月30日 14:50

スペイン南部グラナダのローマ・カトリック教会の10人の神父と2人の信者が未成年者への性的虐待とその事実隠蔽の容疑で起訴された。起訴状が28日公表された。
聖職者の性犯罪は10年前、未成年者の侍者(祭壇奉仕者)に対して行われたもので、犠牲者が昨年11月、ローマ法王フランシスコに書簡を送ったことから明らかになった。以下、オーストリア通信(APA)の記事内容を報告する。


今年1月で25歳となった犠牲者によると、スペイン南部グラナダ教区の教会で7歳の時から侍者を務めていたという。カトリック教会の根本主義グループ「オプス・デイ」(神の業)の信者だった犠牲者は14歳の時、神父の別荘に招かれ、マッサージを要求された後、性的虐待を受けたという。神父たちの性的犯罪は2007年まで続いたという。神父たちは犠牲者に将来神父の道が開かれるといって誘惑し、性的交渉を拒むとグループから除名すると脅迫していた。

犠牲者はその後、性的虐待の後遺症から精神的に恐怖感などに悩まされてきたという。悪夢の日々から10年後の昨年11月、未成年者が自分と同じような犠牲者とならないために、フランシスコ法王に書簡を送り、聖職者の性犯罪と教会側の隠蔽などを詳細に報告した。それを受け、フランシスコ法王は調査を要請したという経緯がある。

犠牲者が所属していた「オプス・デイ」は1928年、スペイン人聖職者、ホセマリア・エスクリバー・デ・バラゲルによって創設された。ローマ法王、故ヨハネ・パウロ2世はオプス・デイを教会法に基づいて固有の自立性と裁治権を有する「属人区」に指定している。“カトリック教会のセクト”とも呼ばれている。
その教えは従属と忠誠を高い美徳とし、肉体や性に対しては過剰なまでに禁欲を重視する。同グループは、世界のキリスト教化を最終目標としている。世界61カ国に約8万5000人の「兵士」(約1500人の聖職者を含む)がローマ法王のエリート部隊として活躍している。メンバーには、医者や弁護士など高等教育を受けた者が多い。

スペインのメディアなどによると、「聖職者たちの性犯罪は単なる単独犯罪ではなく、組織的な犯行の疑いがある。オプス・デイは影響力と資金を持つ組織だ」という。
なお、教会の内外から、監督責任を果たさなかったグラナダ教区フランシスコ ・ ハビエル・ マルティネス大司教の辞任を要求する声が出ている。


編集部より:このブログは「ウィーン発『コンフィデンシャル』」2015年1月30日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方はウィーン発『コンフィデンシャル』をご覧ください。


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑