歴史マニアうならせる安倍首相の見事な米議会演説

2015年05月01日 08:38

安倍晋三首相が日本時間30日未明、日本の首相として初めて米上下両院合同会議で演説した。題名は「希望の同盟へ」(外務省訳)。大変考えられた、すばらしい演説だったと思う。

000078526


私は、安倍首相の経済政策は評価していないが、外交分野の「チーム安倍」の能力の高さは発足直後から注目してきた。(コラム「安倍首相の外交スピーチが素晴らしい」)今回もスピーチライターの谷口智彦内閣参与、参謀役の谷内正太郎内閣国家安全保障局長が安倍首相と図りながら、適切な配慮をしたのだろう。安倍首相は海外メディアで極右と誤った描写がされている。この演説を契機に、良いイメージが広がってほしいと期待している。

演説は多岐な問題に触れたが、その中で米国軍事史について素人マニアとしての私が話しやすい「戦没者の慰霊」に焦点を当て、解説したい。アメリカ人の好きそうな「ツボ」を押さえ、非常に練られている。

「ゲティスバーグ演説」でつくられた米国の慰霊の形

lincoln_large南北戦争(1861-1865)は今も米国に影響を与える。約60万人の死者を出し、当時の米国社会に大きな傷を残した。その死を生きる人々が受け止めるロジックが、戦争を勝利に導いた大統領リンカーンのゲティスバーグ演説だ。日本人には「英語教材」にすぎないが、米国では国の形の一部に影響を与えた重要な文章になっている。(写真は映画「リンカーン」サイトから)

どの国でも、戦争における戦没者の慰霊の論理が国を維持するために必要だ。日本では戦前は靖国神社で神になるという論理が採用された。米国でも、この演説の論理構成が死者と向き合うために、繰り返される。この演説は、激戦地での国立墓地の献納式で行われた。引用しながら、構成をまとめよう。

1・戦った人の自己犠牲への顕彰。敵への悪意は強調しない。
演説から「私達はこの大地を清められないのです。生きる者も、死せる者もここで奮闘した勇敢な人々がすでにここを神聖化してしまいました。そこに、なにかを足したり取り除いたりするわれわれの貧弱な能力など、それにまったくおよばないものだからです」。

2・死の意味の定義
同「われわれ生きる者の使命とはむしろ、ここで戦った人々がこれまで気高く前進させた、この未完の仕事に身を捧げることなのです」

3・未来への提言
同「そして国民を、国民自身の手によって、国民自身の利益のための政治を行うこと(世界初の民主主義体制である米国)を、この地上から消え去さらせはしないためなのです」

ゲティスバーグ演説は練り込まれ、とても感動的だ。米国は、世界で自国の行動を傲慢に肯定する面があるが、良心的な思想の流れとしてこの演説の論理構成は頻繁に米国人の行動や見解に現れる。

もちろん戦争の受け止め方は人それぞれだ。それを乗り越えられるかは、千差万別の個人の問題だろう。しかし社会全体として見た時に、このリンカーンのロジックは感動的であり、人々が合意しやすいものだ。リンカーンは南北戦争を「反乱」と規定。そして彼の優しい個性もあったが、敵を激しく糾弾せず、和解を常に唱えた。この倫理的高潔さは、今みてもすがすがしい。その前も後も、戦争は相手を罵る醜いものばかりだからだ。

今年は南北戦争終結、そしてリンカーンの暗殺から150年の節目の年だ。米国訪問ではオバマ大統領が、安倍首相をワシントンのリンカーン記念堂に案内した。オバマ大統領が08年の選挙で勝利した後で、ホワイトハウスに持っていったと話題になった本がある。ハーバード大の歴史学教授のドリス・グッドウィン教授のリンカーン政権を描いた「ライバル達のチーム」(邦訳は「リンカン」)だ。これは、スピルバーグの映画「リンカーン」の原作にもなり、とても面白い本だった。リンカーンの存在感は今も大きい。

リンカーンは泡沫候補から大統領に選出。そしてかつての格上のライバル達を閣僚にして政権を運営し、南北戦争を勝ち抜いた。オバマ氏も、政治的には経験が浅く、格上のクリントンやケリー氏を閣僚にし、テロとの戦いに向き合った。リンカーンを意識したのだろう。ただし、オバマ氏が米国最良の大統領の一人と評価の揺るがないリンカーンに迫ったかは疑問だが。

Abe、リンカーン、死者の慰霊

ここで安倍演説を振り返ろう。まず「私の苗字(ABE)ですが、「エイブ」ではありません」と、ジョークを入れた。エイブは、リンカーンの名前だ。そしてゲティスバーグ演説は日本に影響を与えたことも言及した。米国議会に集う議員はそれが慰霊の言葉と知っている。明らかにゲティスバーグ演説を意識している。その演説に従って、今回の演説も組み立てていた。

安倍首相は米国の第二次世界大戦記念館を訪れた体験を述べた。「私はアメリカの若者の、失われた夢、未来を思いました。歴史とは実に取り返しのつかない、苛烈なものです。私は深い悔悟を胸に、しばしその場に立って、黙祷を捧げました。親愛なる、友人の皆さん、日本国と、日本国民を代表し、先の戦争に斃れた米国の人々の魂に、深い一礼を捧げます。とこしえの、哀悼を捧げます」という、とても印象的な言葉で慰霊した。

そして硫黄島で70年前に大尉で戦った93才のローレンス・スノーデン海兵隊中将と、日本側の司令官であった栗林忠道陸軍大将の孫である新藤義孝衆議院議員が共に並んで演説に立ち会うことを「歴史の奇跡」とたたえ、犠牲になった両国の兵士の崇高な自己犠牲を言及した。硫黄島で戦没した兵士の魂が、多少は癒やされ、報われたと信じたい。

そして敵国日本に対する米国の寛容さをたたえ、「米国が世界に与える最良の資産、それは、昔も、今も、将来も、希望であった、希望である、希望でなくてはなりません。米国国民を代表する皆様。私たちの同盟を、「希望の同盟」と呼びましょう」と議員らに呼びかけた。主題の言葉「希望(HOPE)」を3回繰り返したことも、主題の言葉「国民」を3回最後に繰り返したゲティスバーグ演説の「オマージュ」(過去の作品に敬意を持った類似作品)であることを示している。

また日本外交の重石になっている第二次世界大戦の認識については「戦後の日本は、先の大戦に対する痛切な反省を胸に、歩みを刻みました。自らの行いが、アジア諸国民に苦しみを与えた事実から目をそむけてはならない」と指摘した。この文章の範囲が、聞き手の米国のインテリにも、日本国民にも、ほぼ全員が共有できる認識であろう。

米国のすばらしさをたたえ、彼らの喜ぶ形に配慮しながら、日本の国益を高めようとしている。議員は、どの国でも他国の政治家の悪口を言わないが、安倍演説に対して、米国議会人の評判はかなりよいようだ。また日本でも米国でもインターネットや周囲の人々の感想を聞く限り、この演説の美しさ、論理構成のシンプルさを素直にたたえる人が多かった。私も評価したい。

日本をおとしめるおかしな人々

さて、ここで2つの論点がある。第一は「いつもの人たち」の行状である。日本をおとしめる内外の人たちが繰り返す行動だ。

CDydMugUEAEAd3_写真は朝日新聞。見出しが「侵略おわび文言なし」。普通に読めば、この演説の中心テーマは「希望の同盟」だ。なんで日本を無理におとしめるのだろうか。

朝日新聞をはじめ、日本のメディア多くの記事はゲティスバーグ演説との関連や米国での「慰霊の作法」を指摘せず、未来の話も取り上げず、おわび話を取り上げた。一応インテリとされる日本のメディアの記者には、米国史の教養さえない。筆者は、悲しく思う。なぜ日本のメディアは、自国の政治リーダーのすばらしく、意義深い発言を取り上げないのだろうか。無理に「けなす」のではなく、良いことは「良い」となぜ、素直に評価できないのか不思議だ。

そして中国、韓国の外務省は演説を反省がないと批判したという。その周辺の日本人も同調しているようだ。なんで日本の首相が米国議会までいって、彼らに謝罪しなければならないのか。大きなお世話だし、外交的に無礼だ。

このような良い演説を前にしても、パターン化した反応しかできない愚かな人々の感受性も、知性も、筆者は理解できない。もう相手にしない方がよい。私は、日本の人々の見識の高さに確信を持っている。それと、一部の人、そして報道のレベルの低さの乖離に、またうんざりした。

戦後70年の向き合い方

第二の論点は、戦後70年問題への向き合い方だ。今年は節目の年で、また戦争認識の問題が蒸し返されるだろう。

筆者は自分で勝手に名付けたが「ゲティスバーグ・メソッド」で、ある程度は乗り越えられるように思う。それは「倫理的な糾弾を入れずに戦った人々と犠牲者への顕彰」「その死は価値のあるものだったという定義」「未来への提言」で、慰霊の形を構成することだ。

おそらく日本人の大半は、70年前の自国とアジア諸国民を中心にした戦争の惨禍を悲しく思っているだろうが、自分が何もしていない以上一部のアジアの国や日本の奇妙な人たちがいうように「責任を取れ」という主張には困惑しているはずだ。その最大公約数的な考えも、この「メソッド」に織り込める。

第二次世界大戦の犠牲者すべてに敬意を持ちながら、過度におごることも卑下することもなく、世界とアジアの自由と経済発展に貢献する。私たちの身の回りの小さな世界でも、国全体でも、今の行うべき諸外国と向き合う態度だろう。自省と哀悼は示しても、過度に「お詫び」を繰り返す必要はない。それはこの安倍首相演説で示された論理構成だ。外交の「チーム安倍」も、この演説の路線を踏襲していくと予想できる。それは妥当な考えだ。「日本をおとしめる人」たちの雑音は、気にしなくてよい。

外交と発信力の点においては、安倍首相と政権を現時点では評価すべきと、私は考えている。おかしな考えで、行動をゆがめることなく第二次世界大戦終結70周年に向き合い、今後に禍根を残さないようにしたい。

石井孝明
経済ジャーナリスト
ツイッター:@ishiitakaaki
メール:ishii.takaaki1@gmail.com

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑