「勉強」しても「行動」しなければ、資産は増えない --- 内藤 忍

2015年07月04日 14:00

150703Money2015summer

丸の内朝大学マネーコミュニケーションクラスの2015年夏学期が、昨日からはじまりました。今回も50名の受講生と一緒にお金について学びます。

仕事前に大手町で1時間勉強をするというストイックな人たちが集まってくるこの講座。今回も真面目に勉強したいという熱気で朝から盛り上がっていました。

多くの日本人は「リスクを取らないリスク」に気が付いていません。円の定期預金をせっせと貯めこんでいるのは、元本保証で一見安全なように見えますが、円安とインフレに脆弱で、大きなリスクがあるとも言えるのです。

では、何をすべきか。その具体的な方法を講座を通じて、受講生に伝えていきます。しかし、忘れてはいけないのは

「勉強」しても「行動」しなければ、資産は増えない

ということです。セミナーに通い、本を熟読しても、それだけでは資産は増えません。自分でリスクを取って投資をはじめないとお金との付き合い方はいつまで経っても深まっていきません。だから、「走りながら、考える」というスタンスが重要なのです。

同じ時期に受講した人でも、片や早速ネット証券に口座を開いて、インデックス運用を開始し、海外不動産を購入する人もいれば、相変わらず定期預金のままで、テキストにアンダーラインを引いている人もいるのです。特にこの2年間はマーケットの変化が大きかった時期ですが、どちらが良い結果になったかは明らかです。

投資ですから、いつも成功するとは限りません。資産が減ってしまうこともあるでしょう。しかし、「小さな失敗を繰り返す」人の方が、ミスをしないことだけを考えている完璧主義者よりも、リスクテイクに対する見返りを得ることができます。資産を分散させて、大きな失敗を防ぐことは可能です。そのような方法で長期で続けることによって結果を出すことができるのです。

今回の講座では、一方的に講義をするだけではなく、丸の内朝大学マネークラスの歴代受講生にもゲストに来てもらい、クラスを受講したことで、お金との付き合い方がどう深まったかを語ってもらいます。

「お金で人生を変える」という今回のテーマは決して大げさではありません。わずか数年で、着実に資産を形成して、人生観がすっかり変わってしまった人は私の周りにたくさんいます。

お金との付き合い方を根本的に変えることによって、「価値>価格」の講座に出来る人が何人出てくるのか。今からとても楽しみです。

※毎週金曜日に配信している「資産デザイン研究所メール」。資産を守り増やすためのヒントから、具体的な投資のアイディア、そしてグルメな情報まで、無料でお届けします。メールマガジン登録会員数は、もうすぐ20,000人です!


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2015年7月4日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。


アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑