否定的に攻撃してくる相手を黙らせろ

2016年02月02日 03:41
d1425906122aff1e90b9fa29ba8fc74c_s

会議や交渉の場で、自らの正しさを正論をもって批判してくる相手がいます。彼の特徴は一方的にまくし立てることです。雄弁で声も大きく、スピードも速いので相手が会話にはいる隙を与えません。そのくせ、自らの失当により反撃を許すと、火を噴いたように怒り狂います。こういう面倒な相手は正面から対峙するよりもやり過ごしたほうが得策です。

●このような人が上司なら

上司は部下よりも強い権限を持っていますから部下に対して強く成果を求めることもできます。さらに上司はプライドがあるから部下にへりくだることは難しい人が多いでしょう。部下との関係性がしっくりこない場合、上司は分かるものです。仕事帰りの飲ミニュケーションで築ければこしたことはありませんがそう簡単ではありません。

このような相手には「素晴らしいご意見有難うございます」「貴重なご意見感謝申し上げます」と意見を受け止めたフリをしながら彼の正論を鎮火させなくてはいけません。肯定されて褒められているわけですから、これ以上まくし立てることはできません。

上司は組織内の何らかの意思があっていまの立場になっています。上司と部下では会社から付与されたものが異なり、期待される役割が違います。役割が違うわけですから利害が衝突するのは仕方のないことです。部下はそのことを理解して一枚上手にならなくてはいけません。

●上司の自尊心をくすぐれ

まくしたてる上司の名前が鈴木部長だとしましょう。まず最初に、誰もが知っている有名企業を引用して、あるシチュエーションを提示します。「鈴木部長!先日、丸の内にある○○社の役員会で今回と同じケースについて議論してきました。鈴木部長が指摘したことは、先方の専務が指摘したことと同じです。さすがに視点が高いですね。驚嘆しました」と話してください。鈴木部長は、自分の意識が大手企業の専務と同じだと言われているわけですから、自尊心が満たされます。

また、上司には過去の栄光や武勇伝があるものです。ところが、過去の栄光や武勇伝を話すことは好まれません。それは「今よりも過去のほうがよかった」「過去の実績は素晴らしい」という文脈で使われるからです。過去を語るということは「今は残っていない」「今はそうではない」ことを示唆していますから嫌われるのです。

しかし最も効果を発揮するのがこの局面です。「以前、社長から部長は、今回の件の実績が豊富だとお聞きしました。よろしければ対応策についてご指導ください」「最近、この件で悩んでいました。心構えやノウハウのご指導をいただけませんか」と話せば完璧です。社長が自分の実績を評価していることを聞けば嬉しいものです。

シチュエーションを引用したり、武勇伝を拝聴することは難しくありません。上手く上司を味方につけて仕事をやり易くしてしまいましょう。

尾藤克之
経営コンサルタント

尾藤 克之
コラムニスト/経営コンサルタント

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑