【速報】ロッテ創業者が動画で健在ぶりアピール

2016年02月09日 20:30

15
▲「ロッテ創業者 重光武雄 ロングインタビュー 2016年1月」より


どうも新田です。家庭円満のありがたみを感じるこの頃です。きのうのエントリーで、ロッテ創業者・重光武雄パパが本日中にも「ロッテの経営正常化を求める会」のサイトで、動画による声明を発表する可能性に言及しましたが、予定通り、公開されております。

で、さっそくアクセス。あ、ちなみにロックかかってて直接アップできなかったので、リンク貼っておきます。https://www.youtube.com/watch?v=OI3_LXrhGF0

動画で何が語られたのか?


某家具会社の父娘ケンカで追放された父親が記者会見で絶叫した故事に倣い、「私は息子よりも社員を選ぶ」とか「次男のクーデターで、社員にとってはテロだった」とか、はたまた持株会社(HD)の社長に対し「佃煮にしてやるからな、この野郎」とか新たな迷言が飛び出すものと期待してみると。。。

動画は、約16分と少々長いものの、インタビュー形式で行われており、テロップ付きで丁寧に編集。もっとも関心の高い「後継者指名」に関して冒頭でお話しいただくサービスぶりです。

「当然だね、僕の長男の宏之が後継者になるわけだ」

「日本でも韓国でも(オーナー企業では)常識だよ」

。。。というわけで長男サイドであるという旗幟を改めて鮮明にしております。まあ、長男だろうが、次男だろうが、外部登用だろうが、適任者が後継すればいいようにも思いますが、このあたりは儒教社会的なロジックといいましょうか、非上場の同族経営で長年やってきましたし、まあ、そんなところでしょう。

ロッテヲチャーが気になるのは、お家騒動の発端になった経緯をどう説明するか。特にこの間、ご長男が日本のビジネス系メディアの単独インタビューで再三強調されていますが、当初、長男が解任されるきっかけとして、HDの佃孝之社長がパパにあることないこと吹き込んだ的な話が出るのかが注目点の一つだったのですが、この後、進行役の質問は。。。

「そもそもロッテとはどういう会社か聞かせてください。創業当時はずいぶん苦労されたそうですね」

え?そんな昔に遡る?(汗)じゃ次。。。

「そもそもどうして韓国から日本に来ようと思ったのですか?」

時計の針がもっと巻き戻ったぞ。。。

「ガムはどのようにして開発したのですか?」

ああ、そうですか。。。
てな具合で、創業物語をありがたく拝聴できる構成になっております。

長男サイドの動画戦略って?


うう。。。今回の動画の狙いってなんだろうかと思うわけですが、終盤に差し掛かるに連れ、こんな感じのお題がパパに振られていきます。

「いいものを作るためには、商品や販売網だけではなく、それを作る人、つまり社員も大切ではないですか」

「ロッテ社員にとって一番大切なことは何ですか?」

それぞれの問いかけに、パパがどう答えたのかは、動画をご覧いただくとして、この構成を見る限り、動画を公開した狙いとしては、マスコミや世論に直接向けたというよりも、まずは足元の従業員に対するアピールする戦略なのだと解します。某大塚家具会社、、、あ、実名で書いちゃった、、、の時は、この手の同族経営企業の内紛で起こりがちな「社員置き去り」的な批判がしばしば聞かれました。今一度、創業者の思いを語り、エモーショナルに訴えかけようというのかなと推察します。

振り返ってみれば、ロッテHDの株主構成のうち、筆頭株主のナゾ会社「光潤社」が28.1%。それに匹敵するのが2番手の従業員持株会(27.8%)です。パーセンテージは10月時点の中央日報によりますが、大きく変動していない限り、従業員サイドとのリレーションが重要なファクターになっています。ただ、リンク先記事にあるようにここまでは従業員持株会が次男サイド支持を表明していますので、切り崩しは簡単ではないでしょう。

今後の裁判への影響


しかし、今回の動画の最大の意義は、中央日報が「経営権紛争の核心」と評するパパの健康状態と判断能力が「健在」とアピールするところと言えそうです。前回も書きましたように、パパに成年後見人を指定するよう妹の一人(つまり長男、次男の伯母)がソウル家裁に申し立てており、仮に審理で後見人指定が認められるようなことになると、法的にも経営者生命に引導を渡されることになりますので、長男サイドとしては、ネットを始め、様々な搦手を駆使してでも世論に訴えかけたいところでしょう。

なお、お家騒動の内情に詳しい方に聞くと、長男サイドによるダメ元の経営陣復帰提訴は、私が当初想像した、 “なんちゃってゴールデンパラシュート”(高額退職金)狙いの条件闘争じゃなく、創業家の嫡男としての意地とプライドをかけたガチ路線の模様です。まあ、資産もあるでしょうからね。そういうわけで日韓両国をまたぐ計11件の訴訟は、まだまだ継続しそうな気配。まあ、でも早期に収拾つけないとマズイんじゃないかと思いますがね。

現場からは以上です。ではでは。

<関連記事>
・ロッテ創業者は認知症?日本で報じられない家裁審理(個人ブログ)
 http://nittatetsuji.com/archives/46773853.html
・ロッテ次男と大塚家具長女~PR戦略の巧拙(個人ブログ)
 http://nittatetsuji.com/archives/45021112.html
・ロッテお家騒動が韓流ドラマ的すぎな件(個人ブログ)
 http://nittatetsuji.com/archives/44948752.html
・【続報】ロッテの株主構成が韓国で公表(個人ブログ)
 http://nittatetsuji.com/archives/46726571.html


新田 哲史
アゴラ編集長/ソーシャルアナリスト
個人ブログ
ツイッター

新田 哲史
アゴラ編集長/NPO法人ICPF 情報通信政策フォーラム理事/ソーシャルアナリスト/企業広報アドバイザー

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑