【映画評】エヴェレスト 神々の山嶺

2016年03月13日 06:00
エヴェレスト 神々の山嶺 (角川文庫)
カメラマンの深町誠は、ネパールのカトマンズで古いカメラを発見する。それは、イギリスの登山家ジョージ・マロリーは1924年にエヴェレスト初登頂に成功したのかという、登攀(とうはん)史上最大の謎を解く可能性を秘めたものだった。カメラの行方を追う深町は、やがて孤高の天才クライマー、羽生丈二にたどり着く。羽生の過去を調べていくうちに、彼の壮絶にして崇高な生き様にのみ込まれていく。やがて深町は、羽生がかつてだれも成し遂げたことのない過酷な登攀に挑もうとしていることを知ることになるが…。

 

夢枕獏のベストセラー小説を実写化した「エヴェレスト 神々の山嶺」。主要キャストである岡田准一、阿部寛らが、世界最高峰の地エヴェレストに実際に登り、邦画初となる標高2500m級での撮影に命がけで挑んだということで話題の力作だ。阿部寛演じる羽生丈二は、伝説的な天才クライマーだが、同僚のクライマーや愛する女性、自分自身をも傷つけながら、命を削って山に挑んできた男。「山をやらないなら死んだも同じだ」と言い切り、他人を寄せ付けない。是非はとにかく、一点もブレない生き方を貫く羽生に深町が惹かれていったのは、彼自身が人生に悩んでいたからだろう。男2人の熱い演技、とりわけ体力の限界に挑んだという阿部寛が終盤に見せる壮絶な姿には圧倒される。一方、演技派女優の尾野真千子は、彼女の実力を考えると、ただ待つだけ、耐えるだけという女性役では、なんだか物足りない気がした。ハリウッドのハイ・クオリティなCGを見慣れていると、邦画のCGのレベルに文句をつけたくなるだろうが、そこはこれが現状の日本映画だと納得するしかない。山に魅せられた男たちの熱い想いを描くドラマを感じ取ってほしい。
【65点】
(原題「エヴェレスト 神々の山嶺」)
(日本/平山秀幸監督/岡田准一、阿部寛、尾野真千子、他)
(過酷度:★★★★☆)

この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2016年3月13日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑