【映画評】家族はつらいよ

2016年03月15日 11:30
家族はつらいよ
3世代で同居をする平田家の主、周造は、妻の富子の誕生日に何か欲しいものがあるかと尋ねると、何と離婚届を突き付けられる。突然の熟年離婚の危機に一家は騒然となり、急きょ家族会議が開かれることに。何も知らない次男の庄太が恋人を紹介するため帰宅する中、会議が始まるが、それぞれの不満や本音が噴出し、さらに家族会議は思いもよらない局面を迎えてしまう…。

 

名匠・山田洋次監督によるコメディー「家族はつらいよ」は、「東京家族」のキャストが全員再集結し、別の家族を演じている。平田家の主の周造は、典型的な亭主関白で、自分が一家を養ってきた自負からか、妻や嫁へのいたわりなどなく、電話では「オレだ!」と言うだけ、帰宅すれば服や下着は脱ぎっぱなし、妻が自分の世話をするのが当然だと思っている。そんな彼は、50年連れ添った妻から突然離婚を突きつけられて狼狽するが、それでも反省するのではなく「俺は被害者だ!」と怒鳴る始末だ。父親似の長男はオロオロし、これまた父親似の長女がわめきちらす中、母に似て心優しい次男だけは、なぜ母が離婚したいと思うのかその原因を探ろうとする。

3世代7人が同居するとなれば、それぞれ言い分や思いが違うのは当然だが、それでも家族は家族。勝手なことを言い合っているようで、根っこの部分は互いを思いやっているという設定が、いかにも山田作品らしい。家族会議の日にそうとは知らず連れてこられた次男の恋人は「こんな風にお互いに言いたいことを言い合う家族がうらやましい」とつぶやくのも頷ける。このドタバタ騒動の結末は…、それは映画を見て確かめてほしい。</p> <p><br>家族をテーマにしたのは「東京家族」と同じだが、本作は「男はつらいよ」シリーズの系譜につながるコメディー作品。小津安二郎作品で大女優の原節子が演じた役と同じ“間宮のりこ”を演じる蒼井優がいわば善意の象徴だ。原は紀子、蒼井は憲子と、漢字は違うが、山田監督世代の理想の現代女性像なのかもしれない。私はむしろ、ちょっとあきれたまなざしで、それでも優しく家族をみつめる愛犬のトトに可愛さにヤラれてしまった。

【60点】(原題「家族はつらいよ」)(日本/山田洋次監督/橋爪功、吉行和子、西村雅彦、他)(ドタバタ度:★★★★☆)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2016年3月14日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑