プロに聞く、セミナーや講座の見分け方

2016年03月15日 04:00

new_12792201_1031282013585332_5079893103877076148_o

インタビューに答える松尾氏。

最近、あるネットニュースで公認心理師という資格に注目が集まっていることを知りました。公認心理師とは、文部科学省と厚生労働省共管による、心理職(メンタルケア)に関する初の国家資格です。

具体的な中身はこれから検討することになっています。しかし、既にネット上では公認心理師取得のセミナーや講座が散見されます。民間資格である臨床心理士との比較をして「国家資格である公認心理師には大きなビジネスチャンスがあります」「臨床心理士+公認心理師のダブルライセンスで大きなメリットを享受できます」など、根拠に乏しいうたい方をしているものも少なくありません。

今回は、『セミナー講師で稼ぎたいと思ったら読む本』(中経出版)の著者であり、セミナープロデューサーの松尾昭仁氏に、セミナーや講座の見分け方について伺います。

●セミナーのポイントは自分のビジョンとの整合性

—セミナーや講座の効果的な活用方法について教えてください。

松尾昭仁(以下、松尾) はい。これまで約1万人以上の方に対して、講師やビジネス著書を養成するセミナーや講座を開いてきました。その経験をベースに解説したいと思います。まず大切なことは、自分自身の明確な目標との整合性です。

よくあるのが、スキルアップやキャリアアップという言葉に踊らされて意味の無い努力を重ねてしまうことです。セミナーや講座に足しげく通っても、それだけで実力がつくわけではありません。ところが、費用と時間をさいて参加することに充足を感じている方も少なくありません。

学んだことを上手く活用できれば、ノウハウが得られる可能性があるかも知れません。ところが参加することが目的となってしまう。これは大変勿体無いことだと思います。

—セミナーを見分けるポイントを教えてください。

松尾 ビジネスの目的は「稼ぐ」ことです。「稼ぐ」のであれば、それを実現するための具体的な手法が語られていなくてはいけません。例えば、ビジネスセミナーでありながらも、具体的な手法が語られずノウハウも共有されない。「お金は後からついてきます」「お金で人生は買えません」というようなもの。また「気持ちをポジティブにすれば成功する」といった精神論中心のものは要チェックでしょう。

もし、ご自身がお金の必要性に迫られてひっ迫している時に、このような精神論を聞かされてもまったく説得力を感じないはずです。「ポジティブ」はビジネスを成功に導くための大きな要因ですが、それだけで成功することはできないものです。

セミナーや講座は、ネットで調べれば評判が分かります。ニーズが高いものであれば、主催者側がオープンに情報を公開しています。評判は賛否両方の声を拾うようにしてください。逆に賞賛するだけのものは好ましくありません。自分で客観視するための充分な情報を集めなくてはいけません。

●講座のポイントは投資対効果(ROI)をみること

—講座は値が張るので慎重に見分ける必要性がありそうですね。

松尾 講座とは参加することで体系的な知識を形成できるものを意味します。そして、その体系的な知識から何らかのメリットが享受できなければいけません。資格講座の場合は、資格取得を目的としていますが、この場合は資格を精査する必要性があります。

資格とは、認定する機関によって大きく3つに分けられています。「国家資格」「公的資格」「民間資格」です。このなかで要注意なのが民間資格です。民間資格は法律などの規定がないので、民間会社や団体が即座に策定できる資格です。独自で試験・認定を行っているため精査が難しいことや、国家資格や公的資格とよく似た名称をつける間際らしいものが存在します。

次に、取得できる資格の投資対効果(ROI)を確認しなければいけません。国家資格や公的資格は、基準が明確で取得による地位や信用度が担保されますが、民間資格の場合は、難易度、信頼性、実績などを踏まえて検討しなければいけません。

根拠も無く、簡単に収入を得られるような宣伝しているものも要チェックです。「取得後すぐに独立可能」「簡単に数十万円の収入を得られる」などのアピールをしていたら、裏をとるようにしてください。

どのような資格であっても、資格を取得しただけで稼ぐことは難しいはずです。簡単に取得できる資格で手っ取り早く稼げる方法など存在しないというのが私の考え。都合のいいお客様にならないためにも、「この資格をどのようにビジネスに活かすか」といった視点を常に持ち合わせるようにしてください。

—有難うございました。

セミナーや講座には時間と費用がかかります。もし、投資に見合う価値がないと判断したなら、早々に撤退する意思決定が必要なのかも知れません。

尾藤克之
コラムニスト
Amazonプロフィール

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
尾藤 克之
コラムニスト/経営コンサルタント

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑