ALSとコミュニケーション 原始的な方法が有効?

2016年04月21日 09:30

db4384c3-s

私のコミュニケーション状態については、何度か書いていますが、いよいよしゃべるという手段だけでは難しくなってきました。

そこで、最近は「口文字」を使っています。地域によって多少違うようですが、ここでは私の「口文字マニュアル」を記します。私を含め、障害者とのコミュニケーションに興味のある方、是非お読みください。

①まずはしゃべる。しゃべることもリハビリです!

②聞き取れないと判断したら、聞き手は「口文字いきます」と宣言。

③私は、アイウエオの母音のいずれかの口の形をします。

*ちなみに、冒頭の写真は「アの口」です。

④聞き手は口を見て「ア行?」と確認。合っていれば私は頷く。

⑤聞き手は「アカサタナハマヤラワ」と読んでいきます。

⑥私は意中の文字が読まれた時に頷く。

⑦以降、③~⑥を繰り返して文にします。

特殊ルール

・濁音は⑥の時に2回頷く。ガなら、カの時に2回頷く。

・半濁音は⑥の時に3回頷く。パなら、ハの時に3回頷く。

・「ン」は、③の時にンの口の形をします。

・「ッ」や「ァ」は文脈で判断します。

やっている間に、最初の文字を忘れてしまうので、メモを取りながらをオススメします。厄介なのは、「シャ」とかです。あくまで「シ」と「ヤ」という表現されるので、メモを取らないと難しいです。

私も聞き手も鍛錬が必要です。慣れた患者と聞き手のペアだと、超人的なスピードで口文字を行います。道具もいらないコミュニケーションツールなので、マスターすれば、いつでもどこでも強い味方になります。話しても伝わらないことに、かなりの苛立ちを感じていましたが、最後口文字なら伝わると思うことで、気が楽になりました。

練習します!

恩田聖敬

ホームページ開設しました

https://ondasatoshi.com 


この記事は、岐阜フットボールクラブ前社長、恩田聖敬氏のブログ「片道切符社長のその後の目的地は? 」2016年4月21日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
恩田 聖敬
株式会社まんまる笑店代表取締役社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑