候補擁立取りやめについて

2016年05月24日 11:30

5月20日、民進党として、参院選香川県選挙区に出馬を予定していた岡野朱里子さんの擁立を取りやめました。

与党候補に勝利する唯一の選択肢は民進党の推す岡野氏への候補統一しかないと考え、共産党との調整を図っていましたが、これが不調に終わり、党本部や本人の意向も踏まえ今般の結論に至ったものです。

突然のことで、岡野さんに期待を寄せていただいた皆様に心からお詫び申し上げます。

この週末も県内各地で報告会等を開催しましたが厳しいお叱りの声もいただきました。

私自身、忸怩たる思いです。

なお、今後の「共闘」のあり方については、岡田代表も述べているように「白紙」です。

「推薦」のような形態を取るかどうかも全く白紙ですが、仮に、党として「推薦」等の決定をしても、地元支援者にその決定に従うことを強いることは、現実的には無理があります。

それは各党とも同じ状況だと思います。全国の選挙区を見ると、民進党の推す候補者に一本化した選挙区であっても、共産党が「推薦」していないケースは多数あります。

それぞれの地域事情を踏まえ、最終的には、支援者の判断に委ねることにならざるを得ないと思います。

ただ、香川における今回の苦渋の決断が、結果として、全国レベルでの「共闘」に前向きな影響を与えることになれば、それがせめてもの救いと考えます。


編集部より:この記事は、衆議院議員・玉木雄一郎氏の公式ブログ 2016年5月24日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はたまき雄一郎ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑