【映画評】HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス

2016年05月27日 06:00

メイン のコピー世界中からパンティが消えていく中、色丞狂介は、相変わらず姫野愛子のパンティを被って悪と戦っていた。愛子は複雑な想いを抱きパンティを返してもらうが、二人の心は徐々にすれ違い始める。一方、愛子に好意をよせる同級生の真琴正は、愛子を傷付けている狂介への憎悪を募らせていた。そんな中、変態仮面の前に新たな敵が出現する…。

あんど慶周の人気コミックを実写化しヒットを飛ばした異色ヒーロー映画の第2弾「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」。第1作はあくまでも小規模な公開だったが意外なほどの支持を集め、まさかの続編公開となった。福田雄一監督いわく三部作になるとのこと。監督が「当映画は某スパイダーマンを多分に意識しているため、誰にも求められずとも「3」までは絶対に作ります!」(東映オフィシャルサイトより抜粋)と高らかに明言しているのだから、この続編のヒットが第3作への礎となるわけで、応援しないわけにはいかない。

サブ2 のコピー鈴木亮平、清水富美加の二人が大ブレイクしたおかげで、作品のスケールが大きくなったが、世界観は前作同様、愛すべきおバカ映画を継承。世界中からパンティが消えてしまうという未曽有の危機(?)に変態仮面が立ち向かう…と、ストーリーを説明するだけで力が抜けてくるが、今回はなんと変態仮面がニューヨークの大空を躍動する。ニセモノ感バレバレのNYとはいえ、何といってもスパイダーマンなのだから、この舞台設定ははずせない。変態仮面の正義を見届けるためにも、最終章(第3弾)は必見となった。それにしても鈴木亮平の筋肉がスゴい。「俺物語!!」と同一人物とはとても思えない肉体美で、ここまで絞るのは並大抵の努力ではなかったはず。役者魂を感じてしまった。

【50点】
(原題「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」)
(日本/福田雄一監督/鈴木亮平、清水富美加、柳楽優弥、他)

(悪ノリ度:★★★★★)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2016年5月25日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑