同情するなら旅費をくれ!

2016年06月29日 06:00

「地方に足りないのは、お金じゃないんです。人材なんです。地域の中と外を繋ぐ人材が必要なんです。」

小さな市町村に官僚・企業の専門家らを派遣する「地方創生人材支援制度」を提案した時に、僕が訴えたことだ。

地域のことは地域だけで決めましょう!やりましょう!!は、大間違い。地域の課題を解決するためには、地域の中だけではなく、外の知恵やネットワークも生かしていくことが重要だ。地元出身者だけのサッカーチームと世界中から名選手を集めたサッカーチーム、どちらが強いかは火を見るより明らかだろう。

外のプレーヤーと組んでいくためには、訪問する旅費が欠かせない。ネットがいくら普及しても、大事な打ち合わせは直接会って話すに限る。今、長島大陸で地方創生が進んでいるのは、必要な旅費がきちんと計上され、必要な出張がしっかりできることも一つの要因だ。

ところが、行政改革を進めるあまり、必要な旅費を削り、東京はおろか県庁所在地までもなかなか行けない市町村があるという。それで、成果を出せというのは酷だろう。

前年比何%減という形で、旅費を削るのは簡単だ。もちろん、公私混同の出張は、もってのほかだ。しかし、地域のさまざまな課題を解決するためには、中だけではなく外と組む、適切な旅費が欠かせないと認識することが大切だと思う。

もっと知りたい!
地域のことは地域で決めましょう。」という悪魔の言葉
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68464569.html

地方創生「産官学金労言」という落とし穴
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68414198.html

もっと長島大陸と関りたい!
大陸の素晴らしいものを直送します。「長島大陸市場」
http://nagashimatairiku.com/

かっこいい長島をお届けしたい!長島大陸食べる通信。
11982656_10201024966662776_1241284230_n
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68480758.html

長島大陸の地方創生の象徴:食べる通信」編集会議に参加してみませんか。
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68538693.html

集え!大学生~できるまで帰れません!
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68537755.html

田舎暮らしはキャリアアップ!長島大陸で働く仲間を募集中。
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68471295.html

DSCF1066
<井上貴至(長島町副町長(地方創生担当)プロフィール>
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68458684.html

公私一致」という働き方
http://blog.livedoor.jp/sekainotakachan/archives/68507744.html


編集部より:この記事は、鹿児島県長島町副町長、井上貴至氏のブログ 2016年6月28日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『「長島大陸」地方創生物語~井上貴至の地域づくりは楽しい~』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑