米新規失業保険申請件数、4週平均は1ヵ月ぶりに26万件

2016年08月06日 06:00

jobless

米新規失業保険申請件数と、米6月製造業受注をおさらいしていきます。

米新規失業保険申請件数は7月30日週に26.9万件と、市場予想の26.5万件を小幅に上回った。前週の26.6万件も超えている。米労働省は特殊要因を指摘しなかったが、30万件割れは74週連続で1973年以来の最長とのコメントを寄せた。4週平均は26万250件と前週の25万6500件(修正値)から増加し、1ヵ月ぶりに26万件乗せ。1973年以来で最低を示した4月23日週の25万6000件が遠のいた。

米新規失業保険申請件数、レンジ下限を快調に推移。

jobless
(作成:My Big Apple NY)

7月23日週までの継続受給者数は213.8万人と、前週の214.4万人(修正値)から増加した。被保険者に占める失業者の割合は2週連続で1.6%となり、過去最低の1.5%を上回った水準を保つ。

7月23日週の州別動向は、以下の通り。

(増加が顕著だった州)
・ミシガン 2598人増(前週の9419人減から反転)
→製造業で増加
・イリノイ 480人増
・オハイオ 388人増(前週の2550人減から反転)
・バーモント 212人増
・ネバダ 68人増

(減少が顕著だった州)
・ニューヨーク 7113人減(前週は1万2012人減、2週連続で減少
→輸送・倉庫、製造業、教育で減少
・ジョージア 4604人減(前週の4554人増から反転)
→製造業、事務/サポート/廃棄処理、小売り、建設で減少
・オレゴン 2713人減(前週の2722人増から反転)
・アラバマ 2513人減(前週の2851人増から反転)
→事務/サポート/廃棄処理、専門/科学/技術サービス、建設、製造業で減少
・ペンシルベニア 2030人減(前週の3647人減、2週連続で減少)
→事務/サポート/廃棄処理で減少

▽米6月製造業受注・出荷は増加も、在庫が減少トレンド維持

米6月製造業受注は前月比1.5%減となり、市場予想の1.9%減より下げ幅を縮小した。前月の1.2%減(1.0%減から下方修正)に続き、過去6ヵ月で3回目の増加を示す。民間航空機など輸送機器を除く場合は0.4%増と、市場予想の0.2%減に反し増加を達成。前月の0.2%増(0.1%増から上方修正)を上回り、3ヵ月ぶりの高い伸びだった。コア耐久財受注(民間航空機を除く非防衛財)は0.4%増と、速報値の0.2%増を上回り3ヵ月ぶりに増加した。

製造業出荷は0.7%増と、前月の0.1%増を上回り、4ヵ月連続で増加したなかで最も強い伸びを示す。国内総生産(GDP)に反映されるコア資本財の出荷は0.2%減と、速報値の0.4%減から下げ幅を縮めつつ前月の0.7%減に続き減少した。

製造業在庫は0.1%減と、足元の流れを受け継ぎ減少をたどった。出荷が大きく伸びたため、在庫相当は1.35ヵ月と、前月の1.36ヵ月から短縮した。

JPモルガンのダニエル・シルバー米エコノミストは、結果を受けて「製造業受注や出荷は速報値より強含んだとはいえ、在庫が米4~6月期GDP速報値以下にとどまった」と指摘した。その上で米4~6月期GDP改定値の予想を「従来の1.2%増から1.0%増」へ下方修正した。

――米新規失業保険申請件数は歴史的な低水準を維持しつつ前週を上回り、米7月チャレンジャー人員削減予定数も小幅に増えました。米7月雇用統計・非農業部門就労者数は15万人増オーバーの数字が見込まれる半面、25万人を超えるほどの勢いは削がれる見通し。最近何かとメディア露出が増えているダラス連銀のカプラン総裁が指摘するように、最大限の雇用が近づく過程もしくは世界経済の減速と歩調を合わせNFPの伸びは7月以降、ホリデー商戦を除き10万人前半に収れんされていくのでしょう。

(出所:Bromford/Flickr)

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑