【映画評】ペット

2016年08月10日 06:00
Secret Life of Pets
ニューヨーク。テリアのミックス犬のマックスは、大好きな飼い主のケイティと幸せに暮らしていた。ケイティが外出すると、同じアパートに住む他のペットたちがマックスの家にやってきて、音楽を聴いたり冷蔵庫の食べ物をつまみ食いしたり、TVをみたりして自由に過ごしている。そんなある日、ケイティが毛むくじゃらの大型犬デュークを保護して連れて帰ったことから、マックスの平穏な日々は一変。互いにペットとして自分が優位に立とうと奮闘する中、ひょんなことから、二匹揃って大都会NYで迷子になってしまう。やがて彼らは、人間に復讐心を抱く凶暴なウサギのスノーボールが率いる、飼い主に捨てられた動物軍団に遭遇するが…。

 

世界中でヒットを記録したアニメ「ミニオンズ」を手掛けたCGアニメ・スタジオ、イルミネーションとユニバーサル・ピクチャーズが放つアニメーション「ペット」。大都会NYで、飼い主の留守中にペットたちが巻き起こす騒動をコミカルに描く。見た目も中身も対照的な犬、マックスとデュークが、大都会で繰り広げるアドベンチャーは、典型的なバディ・ムービーだ。マックスは甘やかされて育った寂しがり屋、デュークは捨て犬だった悲しい過去がある。そんな正反対の二匹が反発しながらもやがて互いを認め合い、協力してピンチを乗り切るストーリーは、友情や絆を描くと共に、大都会NYならではの楽しさが満載だ。

マックスと一緒に冒険を繰り広げる仲間たちは、メタボ気味の猫のクロエ、モルモットのノーマン、物知りの老犬ポップスら、個性的な面々である。中でもマックスに淡い恋心を寄せているポメラニアンの女の子ギジェットの、キュートなルックスと、タフでりりしい性格のギャップがたまらない。元ペット軍団も含めて、一度でもペットを飼ったことがある人なら分かる“あるある”感満載の行動に、思わず笑みがこぼれる。

もっとも飼い主大好きなペットという設定は、いささか人間に都合が良すぎるかも。捨てられたペットじゃなくても、実際にはペットたちは、人間に対して言いたいことが山ほどあるはずだと思うのだが…。それにしても、この空前の猫ブームの中、あえて犬で勝負とは潔い。同時上映の「ミニオンズ アルバイト大作戦」もおすすめだ。
【65点】
(原題「THE SECRET LIFE OF PETS」)
(アメリカ/クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー監督/(声)レイク・ベル、エリー・ケンパー、ケヴィン・ハート、他)
(キュート度:★★★★★)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2016年8月9日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑