会社を売りたくても売れないタイミングが来る⁉︎

2016年08月19日 06:00

cover_c52b0ee8-f810-4e4c-b2eb-9c2cc88f30bd

Q:「売りたくても売れないタイミングが来るよ!」
と言われましたが、本当にそうなのですか?

半導体関連の製造業を営んでいます。創業来25年、特殊なオーダーにも応えられる高い技術力を軸に、お取引先から多くの受注をいただいてきました。利益も出しており、財務状態は健全です。私はまだ体力、気力共に充実していますので、これから10 年くらいかけてさらに会社を磨き上げ、70歳を迎えたら会社を譲渡して引退しようと考えております。

ただ、知り合いのコンサルタントにその話をしたところ、「10 年も待っていたら経済環境が変わって、売りたくても売れなくなってしまうし、引退もしづらくなるよ!」と指摘されました。

取引も順調ですし、10年後に譲渡してもまったく問題ないと思うのですが、そんなことがあるのでしょうか?

(愛知県 製造業 K・T さん)

A:会社の業績やご自身の年齢だけでなく、
M&A の市場動向や日本の人口構造も考慮して
引退時期を決めるべきでしょう。

社長の引退時期について、会社の業績もよく、ご相談者の体力・気力が充実されている中で、引退を急かされるようなご指摘をいただいても、なかなかピンときませんよね。お気持ちはよくわかります。

その一方で、トップの引退を考えるに当たり、今後の経済環境をまったく考えなくてよいかと問われると、決してそんなことはありません。よい買い手を見つけて会社や従業員達を託すこと、またM&Aにおける譲渡価額などの条件を考えるならば、引退時期は自分の主観や都合だけで考えるのではなく、好条件で譲渡できる最適なタイミングを客観的に検討する必要があると思います。

私がよくお伝えするデータをご紹介します。グラフをご覧ください。

経営者の平均引退年齢と人口のボリュームゾーン

引退年齢グラフの緑の線は経営者の平均引退年齢で、時代が変わっても経営者の引退年齢は67歳前後が多いことを示しています。ご相談者も70歳を迎えたらとおっしゃっていますので、同じぐらいの年齢ですね。

次に、グラフの赤い円は、年齢別人口の分布におけるボリュームゾーンの変遷を示しています。1990年は40歳過ぎだったのが、2010年になるとそのままスライドして60歳過ぎになっています。おそらく2016年は65歳過ぎになるのではないでしょうか。経営者の多くもこのボリュームゾーンに集中していると考えられています。

このような情報から見えてくることは次の2つです。

①経営者の多くが引退年齢を迎え、今後は譲渡ニーズの増加が見込まれる。

②それに伴い、買収ニーズに対して譲渡ニーズが過多となり、社長が譲渡したくとも買い手企業が少ない状況に陥ることが見込まれる。

ご相談者に「売りたくても売れなくなる」とおっしゃったコンサルタントの方は半導体関連事業の将来性を気にされていたのかもしれませんが、上記の通り、人口構造の変化を考えると、業種を問わず売りたくても売れなくなる状況が予測されますので、それを踏まえて経営の出口を考えなければならないと思います。

以前に私がお手伝いしたM&Aでも、ご相談者と似たケースがありました。金型関連のファブレスメーカーで、優良な取引先を有し、売上は減少しているものの無借金で純資産は2億円、ノウハウを持った従業員達が複数在籍する会社でした。「このまま自社単独で経営していたら、今はいいが、いずれ行き詰まる。ならば企業価値が高いうちに譲渡したい」とのご要望があり、ちょうど第二の収益の柱を求めていた異業種のメーカーとのM&Aが早々に実現しました。「今ならば売れる、今しか売れない」――その決断力が成功要因だったと社長は話されていました。

私どもにご相談いただく譲渡企業のオーナー様も、その多くがご自身の年齢、健康状態、家族構成、経済状況、会社の業績のよしあしなどで引退の時期をご決断されています。もちろん、そのご心情は当然です。ただ、日本の人口構造が大きく変化する中で、判断のタイミングを間違えると大きなマイナスになる可能性も頭の片隅に置いておく必要もあるのではないかと思います。

M&Aニーズの多寡は業種・エリア・事業規模により異なります。「少し前のタイミングだったら、いい相手がいたのに…」と後悔しないために、最近のM&A市場の動向や具体的な候補先の有無、M&Aの条件などについて、ぜひ専門のM&Aアドバイザーにご相談されてはいかがでしょうか。

M&A情報誌「SMART」より、2016年1月号の記事を基に再構成
まとめ:M&A Online編集部


アゴラ編集部より:この記事は「M&A Online」2016年8月18日のエントリーより転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、こちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑