丸の内朝大学マネークラスって何をやっているの?

2016年09月13日 11:30

image489

「丸の内朝大学マネーコミュニケーションクラス 2016秋学期」の募集が始まりました。写真は前回の夏学期で出かけた東北フィールドワークでの一枚です。

受講したことの無い方のために説明しておくと、丸の内朝大学とは平日の仕事前(7時15分~8時15分)に東京駅近くの教室に集まって開催される 「朝活」です。その中でマネーコミュニケーションクラス(マネークラス)は2009年から開講され、既に累計の受講者数が1000人を超えた、丸の内朝大学で最古、最大のクラスになっています。朝大学を初めて受講する人が半分以上いるのも特徴です。

授業はほぼ毎週金曜日の朝に5回あって、今回はゲストスピーカーが3名登壇。今までとは一味違った視点からお金との付き合い方を掘り下げてみます。

そして、3年前くらいからはフィールドワークという週末2日を使ったクラス全員での視察旅行も開催するようになりました。最近は、ずっと震災後に復興を続ける東北にフォーカスして、現地の経営者の皆さまの貴重なお話を伺う機会になっています。フィールドワークは、勉強するだけではありません。「大人の修学旅行」というサブテーマで、東北の美味しいものを食べたり、昼からお酒を飲んだりと楽しい週末になります。フィールドワークが忘れられなくて再受講するという受講生も多いくらいの人気です。

初回の講義では知らない人ばかりで、シーンと静まりかえっていたクラスが、毎回活気ある雰囲気に変わり、仲間になって、講座が終わってからもお付き合いが続くような素晴らしい人間関係が構築される。これも魅力の1つです。

資産運用に関しては、定例の朝のクラス以外にもグループで勉強会をしたり、クラスをまとめるクラス委員が資産運用の基本を学ぶ特別授業を設定したりしてくれます。だから資産運用未経験者でも知識ゼロから安心して入っていくことができます。

マネークラスのミッションは単にお金を増やす資産運用のノウハウを提供することだけではありません。モチベーションの高い受講生と講師、スタッフが一体になって、「人生を変えるお金との付き合い方」を見つけることにあります。

実際、受講してから仕事もお金も今までの自分とはまったく変わってしまった。そんな受講生がたくさん生まれています。何となく物足りない人生を、自分が納得できる人生に変える。そのきっかけになるはずです。

今回もエネルギッシュなゲスト講師を招いて、今までにない斬新な内容で魂を揺さぶるような経験をしてもらいたい。1人でも多くの人の人生を変えるお手伝いができれば、講師としては最高です。

※毎週金曜日に配信している「資産デザイン研究所メール」。資産を守り増やすためのヒントから、具体的な投資のアイディア、そしてグルメな情報まで、メールアドレスを登録するだけで無料でお届けします。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所をはじめとする関連会社は、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また投資の最終判断はご自身でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2016年9月13日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑