2016年はアニメの当たり年

2016年09月22日 06:00

新海誠監督のアニメーション映画「君の名は。」の勢いが止まりません!爆裂大ヒットは続いていて、100億円突破も確実。というより、どこまで数字が伸びるか楽しみです。

「君の名は。」の勢いに追随するように、9/17から公開されたのが同じくアニメーション映画の「映画 聲の形」。声ではなく“聲”で、漢字が難しいのがちょっと困ったモンですが…(苦笑)。

2つのアニメは「いずれアヤメがカキツバタ」というくらいの秀作なんですが、2本はまったくテイストが異なります。ヴィジュアルもストーリーもメッセージも対局といってもいいほど。ついでに配給会社も別です (;^_^A

「君の名は。」がファンタジーで広大な広がりを見せるのに対し、「映画 聲の形」はリアルな世界の中で、痛ましいまでの深みがある作品。立場上、ネタバレはできないんですが、どちらも、いい意味で、予想を裏切るストーリーです(聲の形は原作があるので、原作ファンはある程度予想できますが…)。

いやはや、日本のアニメが実力あるのはわかっていても、こんなにも近いスパンでこれほどの秀作が2本続けて公開されるとは!もう、鼻血が出そう(笑)。

海外の作品でも「ファインディング・ドリー」「ズートピア」などの秀作アニメのヒットもありましたし、2016年は、間違いなくアニメの当たり年ですね。喜ばしい!10~12月公開作のアニメにも期待しましょう♪


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2016年9月21日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑